メイン画像
メイン画像
この記事の写真をすべて見る

きょう18日(火)は、北海道の手稲山で初冠雪を観測しました。北海道の標高の高い所では雪が降っていて、日本海側は局地的に雨が強まっています。都心は今夜から再び雨が降りやすくなりそうです。

冬型の気圧配置 手稲山で初冠雪

画像A
画像A

きょう18日(火)、いよいよ天気図も冬らしく西高東低の冬型の気圧配置となっています。
上空には寒気がじわりと流れ込んできていて、日本海側ほど寒気に伴う雲がかかりやすくなっています。

きょう18日(火)は、北海道の手稲山で初冠雪を観測しました。昨年よりも1日遅く、平年並みです。

北陸など局地的に雨雲発達

画像B
画像B

山陰から北陸の所々で雨が強まっています。
きょう18日(火)夜にかけては、九州から北海道の日本海側では、局地的に雨雲が発達しやすく、所々で雨が強まるでしょう。落雷や突風などにもご注意ください。

北海道の標高の高い所で雪も

画像C
画像C

きょう18日(火)日中も、関東は神奈川県から千葉県、茨城県の沿岸部を中心に所々で雨が降り、夜は都心などでも再び雨が降りそうです。
風も強まり、体感的に寒くなりそうですからご注意ください。

あす19日(水)にかけて、日本の上空には寒気が南下してきます。
北日本の標高の高い所では雪になりそうです。峠越えの車の運転は十分ご注意ください。

暮らしとモノ班 for promotion
【残り2日】Amazonプライムデー2024「先行セール」開催中! お得になる攻略法やキャンペーン情報、おすすめ商品を一挙紹介