メイン画像
メイン画像
この記事の写真をすべて見る

きょう18日は日本海側を中心に雪雲がかかり、積雪が増えています。13時の積雪は山形県大蔵村肘折では169センチとなっています。市街地でも雪が積もり、富山市で4センチ、鳥取市で10センチの積雪となっています。

日本海側を中心に積雪増

きょう18日は、冬型の気圧配置になり、強い寒気が流れ込んでいます。日本海側を中心に雪雲がかかり、積雪が増えています。

山形県大蔵村肘折では13時までの12時間に49センチの雪が降り、13時の積雪は169センチを観測。福島県金山町は13時までの12時間に34センチの雪が降り、13時の積雪は54センチとなっています。ぞれぞれ今シーズンこれまでで一番深い積雪となっています。

山間部だけでなく、市街地でも雪が積もっています。13時の積雪は富山市は4センチ、鳥取市で10センチと今シーズン初めて1センチ以上の積雪となりました。

さらに積雪が増える恐れ

画像B
画像B

あす19日にかけて冬型の気圧配置が続き、強い寒気が流れ込むでしょう。日本海側は広く雪が降り、積雪が増えそうです。特に、JPCZ※が発生し、北陸周辺では警報級の大雪となる恐れがあります。立ち往生などの交通障害に警戒が必要です。西日本の平地でも積雪や路面の凍結にご注意ください。

※JPCZとは、シベリアから流れ込む冷たい風が朝鮮半島北部に位置する長白山脈(最高峰:白頭山2744メートル)によって、いったん二分し、その風下である日本海で再び合流することでできる収束帯(雪雲が発達しやすいライン)のことです。

暮らしとモノ班 for promotion
7/12更新:2024年Amazonプライムデー開催間近!いつから開催か、ポイントアップの方法、おすすめの目玉商品などセール情報まとめ