メイン画像
メイン画像
この記事の写真をすべて見る

近畿地方はきょう(22日)の夜から冬型の気圧配置が強まり、週末にかけては今シーズン一番の強い寒気が流れ込む見込みです。23日までは北部の沿岸部を中心に、大阪府の南部とその周辺でも雪が降るでしょう。週末は、雪の降る範囲が広がる見込みです。

23日(金) 北部は大雪 中部と南部の平野部でも積雪の恐れ

画像A
画像A

日本付近は、強い冬型の気圧配置になります。西よりの季節風が強まって、上空1500m付近には氷点下12℃前後の非常に強い寒気が流れ込む見込みです。北部の雪は沿岸部が中心ですが、瀬戸内を渡ってくる雪雲の影響で、大阪府・奈良県・和歌山県北部でも雪が降りやすくなるでしょう。
普段あまり雪の降らない場所で、雪の積もる所がある見込みです。また、朝は冷え込みが強まり、路面が凍結する恐れがあるため、時間にゆとりをもってお出かけください。

24日(土) 雪の範囲広がる 交通機関への影響の恐れ

画像B
画像B

雪雲を流す風が、西寄りから北西に変わるため、雪雲は内陸部へと入り込んでくる見込みです。北部では、北西の風と西寄りの風がぶつかり合い、雪雲の発達する恐れがあります。短時間で雪の量が多くなることも考えられますので、雪の降り方には十分にご注意ください。
また、滋賀県では雪の降る範囲が広がり、新幹線や名神高速道路などに雪の影響が出る恐れがあります。
一方で、京都ではうっすらと雪化粧をした金閣寺を見ることができる可能性もあります。クリスマスイブで、お出かけを予定されている方も多いと思いますが、寒さと雪道の対策は万全でお願いします。

25日(日) 寒さの底は脱するものの

画像C
画像C

依然として冬型の気圧配置が続きますが、寒気の中心は近畿地方から徐々に遠ざかる見込みです。
北部は雪や雨の降りやすい状態が続きますが、降り方は徐々に弱まるでしょう。中部と南部では雲が広がりやすいものの、晴れ間の出る時間がある見込みです。朝は冷え込みますが、日中の厳しい寒さは幾分和らぐでしょう。