【ビルボード】三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE「STARS」、初登場で約3年半ぶりに総合首位獲得
【ビルボード】三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE「STARS」、初登場で約3年半ぶりに総合首位獲得

 2023年2月8日公開(集計期間:2023年1月30日~2月5日)のBillboard JAPAN 総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”で、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの「STARS」が初登場で総合首位となった。同アーティストの総合首位獲得は、2019年8月の「SCARLET feat. Afrojack」以来、約3年半ぶりとなる快挙だ。

 「STARS」は、2014年6月に発売され、2015年年間総合首位となった曲「R.Y.U.S.E.I.」を手掛けたプロデューサー、styが書き下ろした注目の楽曲。初週売上104,841枚をマークしシングル1位、他指標でもラジオ3位、ダウンロード6位、動画再生17位、ストリーミング37位で、初登場で総合首位を獲得し、上々のスタートを切った。

 前週に続き、総合2位はOfficial髭男dism「Subtitle」。当週で16週連続となるストリーミング1位は、前週11,567,319再生から約2%減の11,352,196再生となり、同指標2位の米津玄師「KICK BACK」の8,112,798再生に300万超の大差をつけている。減少傾向は続くものの、大きく再生数を下げることは無いとみられ、まだまだ上位を守りそうだ。

◎【JAPAN HOT 100】トップ10
1位[-]「STARS」三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE(104,841枚・5,440DL・3,154,642再生)
2位[2]「Subtitle」Official髭男dism(-・7,507DL・11,352,196再生)
3位[1]「FEARLESS」LE SSERAFIM(77,563枚・1,421DL・2,647,388再生)
4位[3]「KICK BACK」米津玄師(979枚・4,146DL・8,112,798再生)
5位[4]「怪獣の花唄」Vaundy(-・3,749DL・7,853,713再生)
6位[6]「第ゼロ感」10-FEET(-・9,095DL・6,333,982再生)
7位[7]「ホワイトノイズ」Official髭男dism(-・5,872DL・5,253,815再生)
8位[9]「新時代 (ウタ from ONE PIECE FILM RED)」Ado(-・2,669DL・5,963,976再生)
9位[8]「アイラブユー」back number(-・2,733DL・5,982,041再生)
10位[10]「Ditto」NewJeans(-・1,311DL・6,628,588再生)

※[]内は前週順位
※()内はシングル枚数・ダウンロード数・ストリーミング数(各50位圏内のみ)