【ビルボード】Official髭男dism「Subtitle」がストリーミング21連覇 NiziUの『映画ドラえもん』主題歌が13位に
【ビルボード】Official髭男dism「Subtitle」がストリーミング21連覇 NiziUの『映画ドラえもん』主題歌が13位に

 2023年3月15日公開(集計期間:2023年3月6日~3月12日)のBillboard JAPANストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”で、Official髭男dism「Subtitle」が21週連続となる首位を獲得した。

 「Subtitle」はドラマ『silent』の主題歌で、2022年10月12日に配信開始され、10月19日の当チャートで2位に初登場、11月8日には累計1億回再生、12月28日には累計2億回再生、そして2023年2月22日には累計3億回再生をそれぞれ史上最速で達成した。チャートイン22週目を迎えた当週の再生回数は前週比97%の9,221,292回を記録、根強く高水準をキープしてトップの座を守っている。なお、当チャート21連覇は、Official髭男dism「Pretender」が2020年1月15日に達成した34連覇に続き、歴代2位となる記録だ。

 続く2位は百足&韻マン「君のまま」で、前週から1ランクアップ。再生回数は前週比11%の7,658,978回を記録しており、前々週4位に初登場、前週3位に浮上した曲が当週も自己最高位を更新した。そして3位はVaundy「怪獣の花唄」。順位は1ランクダウンとなったが、再生回数は前週比99%の7,363,627回で、推移はほぼ横ばいだった。

 NewJeansは前週7位だった「Ditto」が5位、前週8位だった「OMG」が7位、前週38位だった「Hype Boy」が35位、前週83位だった「Attention」が75位にそれぞれ浮上、いずれの再生回数も微増している。3月4日に行われた【第36回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2023 SPRING/SUMMER】では「Hype Boy」「Ditto」「OMG」のパフォーマンスを披露しており、話題性の高まりがチャートアクションからも窺える。

 前週62位に初登場したNiziU「Paradise」は、大きく順位を上げて13位に。3月3日に配信された同曲は『映画ドラえもん のび太と空の理想郷』の主題歌で、最初の1週間フル集計を迎えた当週、動員ランキング(興行通信社調べ)2週連続1位を獲得した映画の人気も相まって、さらに楽曲の訴求が進んだと思われる。

◎【Streaming Songs】トップ10
1位「Subtitle」Official髭男dism(9,221,292回再生)
2位「君のまま」百足&韻マン(7,658,978回再生)
3位「怪獣の花唄」Vaundy(7,363,627回再生)
4位「KICK BACK」米津玄師(6,399,897回再生)
5位「Ditto」NewJeans(5,669,023回再生)
6位「第ゼロ感」10-FEET(5,553,299回再生)
7位「OMG」NewJeans(5,499,014回再生)
8位「W/X/Y」Tani Yuuki(5,478,796回再生)
9位「新時代 (ウタ from ONE PIECE FILM RED)」Ado(5,097,311回再生)
10位「星月夜」由薫(5,076,034回再生)

※()内はストリーミング再生回数。
※総合ソング・チャート“HOT 100”のストリーミング指標と動画再生指標およびストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”では、一部サービスにおけるデータを無料ストリーミングと有料ストリーミングで分けて集計し、それぞれ異なる係数を乗じているため、再生回数の合算によるランキングとは異なる場合があります。