レディー・ガガの新写真が公開、映画『ジョーカー』続編の撮影終了を監督が報告
レディー・ガガの新写真が公開、映画『ジョーカー』続編の撮影終了を監督が報告

 現地時間2023年4月5日、映画『ジョーカー』続編の監督であるトッド・フィリップスが、ハーレイ・クイン役のレディー・ガガとジョーカー役のホアキン・フェニックスの新写真とともに映画のクランクアップを祝った。

 監督のインスタグラムに投稿された写真では、乱れたプラチナブロンドのボブに、黒の襟付きジャケットとフリルのついたトップを着たガガの姿を見ることができる。ピエロにインスパイアされた彼女の黒のスモーキーアイのメイクと赤いリップは、不吉な雰囲気を醸し出しており、ハーリーン・クインゼル博士の分身に変身したことを示している。そして2枚目の写真には、ジョーカーのメイクと衣装を纏ったホアキン・フェニックスが写っている。

 フィリップス監督は、「クランクアップしました」と投稿にキャプションしており、「この2人(+キャスト全員)と、映画業界が誇る最高のクルーに感謝します。全ての関係者に。これから洞窟(編集室)に這っていき、すべてをまとめます」と続けた。

 2024年10月4日に全米公開が予定されている続編について、ファンたちは、「見るのが待ちきれない、伝説的な作品になるだろう」「これから公開までの546日間どうやって待ったらいい?」などと期待のコメントを寄せている。

 映画撮影期間、ガガは米ニューヨークで撮影を行う姿を何度も目撃された。中には、ゴッサム・シティの警察官に護衛されながら裁判所の建物の階段を下りる様子や不気味なピエロのメイクでミュージカル・ナンバーを披露する一幕もあった。