「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」。俳人の正岡子規が詠んだ句です。この句は明治28年の10月26日からの奈良旅行で法隆寺に訪れた際に詠まれたものなんだそうです。このことにち…

続きを読む