秋の風情を演出してくれるリンドウ。野趣があり秋の台風や枯草の中でも紫の花を咲かせ、楚々とした様子が日本古来から愛されてきました。「万葉集」には「想い草」としてうたわれています。「源氏物語」や「枕草子」にも登場し、例えば清少納言は「リンドウは、枝ざしなどもむつかしいけど、こと花どものみ霜枯れたるに いとはなやかなる色あひにてさし出たる」と記しています。そんなリンドウですが、根が薬用にな…

続きを読む