メイン画像
この記事の写真をすべて見る

強い台風1号は今日28日、フィリピンの東を発達しながら北東に進み、明日29日午後には大東島に最も接近する見込み。強風や高波に十分注意してください。台風から離れた場所でも前線の活動が活発になるため、九州から関東甲信にかけても広く雨で、局地的に非常に激しい雨が降るでしょう。

強い台風1号 フィリピンの東を北上中

強い台風1号は、28日午前6時現在、フィリピンの東にあって、1時間におよそ15キロの速さで北北東へ進んでいます。中心気圧は985hPa、中心付近の最大風速は35m/sです。

強い台風1号は、今後発達しながらフィリピンの東から沖縄の南に進み、次第に速度を速めながら、明日29日昼過ぎから夕方に大東島地方に最も接近する見込みです。大東島地方では、明日29日は非常に強い風が吹き、海上では次第にしける見込みです。強風や高波に十分注意してください。台風はこの後、31日には日本の南に、1日には日本の東へ達し、温帯低気圧に変わる見込みです。

明日29日 大東島は強風や高波に注意

大東島地方では、明日29日は風が急に強まり、北東または北の風が非常に強く吹く見込みです。強風に十分注意してください。なお、台風の進路等によっては、明日29日は暴風となるおそれがあります。

28日に予想される最大風速(最大瞬間風速)
大東島地方  12メートル(25メートル)
29日に予想される最大風速(最大瞬間風速)
大東島地方  20メートル(30メートル)

また、大東島地方の沿岸の海域では、明日29日は急に波が高まり、しける見込みです。うねりを伴う高波に十分注意してください。なお、台風の進路等によっては、明日29日は大しけとなるおそれがあります。

28日に予想される波の高さ
大東島地方  2.5メートル
29日に予想される波の高さ
大東島地方  5メートル うねりを伴う

台風から離れた場所でも大雨に警戒

台風から離れた所でも、台風周辺からの暖かく湿った空気が流れ込み、日本付近に延びる前線の活動が活発になる見込みです。九州から関東甲信にかけて、雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。

特に、九州南部では今日28日は、局地的に猛烈な雨が降る見込みです。九州南部(宮崎県、鹿児島県*奄美のぞく)、奄美、四国(徳島県、高知県)、東海(岐阜県、静岡県、愛知)では線状降水帯が発生し、大雨災害発生の危険度が急激に高まる可能性があります。今後の情報にご注意ください。

暮らしとモノ班 for promotion
インテリアになじむおしゃれ傘立てに注目!Amazonの売れ筋ランキング