メイン画像
この記事の写真をすべて見る

明日(27日)から明後日(28日)にかけて、前線を伴った低気圧が北海道を通過する見込みです。道北や道南を中心に時折雨脚が強まり、まとまった雨量となる可能性があります。この降雨について解説します。

今日(26日)は天気が下り坂

今日(26日)の北海道は、気圧の谷の通過に伴い午前は道北やオホーツク海側で雨が降りました。その他の地域では晴れ間や日差しがあり、まずまずの行楽日和となっています。ただ道東を中心に全般に西よりの風がやや強く、空気の乾燥している地域もあります。屋外では風によってものを飛ばされないようにするとともに、火の取り扱いにも注意して下さい。

なお、現在晴れている地域でも今後は西から雲が広がる見込みです。原因は低気圧や前線が西から近づいているためで、今夜には道南などで雨の降りだすところもありそうです。帰宅が遅くなる方は念のため雨具を持たれると安心です。

明日(27日)から明後日(28日)は道内は広く雨に

画像B

明日は前線を伴った低気圧が通過するでしょう。このため道内では広く雨となりそうです。雨の中心は日本海側となる見込みで、道北や道南では雨の降り方が時折強まることもあるでしょう。予想される日降水量は道北や道南の多い所で80mm前後に達する可能性があります。急な強い雨などによる天気の急変に注意し、最新の天気予報に留意するようにして下さい。

なお、明後日(28日)には低気圧はオホーツク海に達する見込みで、道内では雨のやむ所が多くなるでしょう。しかし道内は引き続き気圧の谷の中となります。このため、すっきりと晴れる所はほとんどなく、広く曇り空となって道北などでは弱いながら雨の降る所もありそうです。