メイン画像

明日16日(木)の夜から明後日17日(金)にかけては東北日本海側を中心に雨が降り、17日(金)を中心に雷雨となる所があるでしょう。17日(金)は各地で風が吹き荒れて、日本海側の海上は暴風となる恐れがあります。16日(木)から17日(金)にかけては気温の変化も大きく、服装選びにも注意が必要です。

16日(木)夜から17日(金) 日本海側中心に雨 雷雨の所も

画像A

明日16日(木)は、日中は晴れ間が出る所もありますが、夜は東北日本海側の広い範囲で雨が降りそうです。上空に寒気を伴った低気圧が近づくため、明後日17日(金)を中心に大気の状態が非常に不安定となるでしょう。日本海側を中心に局地的に雨雲が発達して、雷を伴う恐れがあります。雨のピークは17日(金)朝で、通勤や通学の時間帯は秋田県を中心に雨脚が強まりそうです。竜巻などの激しい突風や落雷、ひょうに注意して、お出かけ前には雨雲レーダーをチェックするようにして下さい。

17日(金)は風が吹き荒れる 日本海側海上は暴風の恐れ

画像B

低気圧が最も近づく明後日17日(金)は、各地で風が吹き荒れそうです。日本海側の海上は西よりの風が強く、波は3メートルのち5メートルとしけるでしょう。西よりの強い風に注意・警戒して、高波に注意してください。特に、17日(金)朝の通勤・通学時は、雨に加えて風のピークも重なり、交通機関への影響が心配されます。最新の気象情報や交通情報を確認して、時間に余裕を持って出かけましょう。

16日(木)午後は東北北部で気温が急降下 服装選びに要注意

画像C

注意が必要なのは雨や風だけではありません。青森や秋田など、東北北部では明日16日(木)から明後日17日(金)にかけて気温の変化にも要注意です。16日(木)昼頃は上着いらずで汗ばむくらいですが、そのあとは気温がぐんと下がります。お帰りの時間帯にはあっという間に20℃を下回り、風も冷たく吹きつけそうです。17日(金)は上空の寒気の影響で昼間も気温が上がりにくく、上着が手放せないでしょう。服装選びに注意して、うっかり体を冷やさないようご注意ください。