メイン画像

関西では、明日16日(木)は上空に寒気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となるでしょう。竜巻などの激しい突風や落雷、ひょう、急な強い雨に注意が必要です。雷雲が近づくサインを感じたら、すぐに安全な場所へ移動してください。

明日16日(木)明け方~朝は広く雨や雷雨に

画像A

関西では、今夜にかけて、湿った空気の影響で中部と南部は雨の降る所があるでしょう。今日15日は降っても弱い雨ですが、明日16日は、明け方から朝にかけて広く雨が降り、局地的に雷を伴ってザッと強く降る恐れがあります。明日16日の通勤通学の時間は急な強い雨や落雷、突風などにご注意ください。

明日16日(木)は大気の状態が非常に不安定 夜にかけて突然の雷雨も

画像B

明日16日(木)日中も、急な強い雨や雷雨に引き続き注意が必要です。上空にこの時期としては強い寒気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になる見込みです。北部と中部では、夜にかけて天気が急変する恐れがあります。朝に雨が降ったあと日差しが出てきたなと思っても、急に空が暗くなり、突然の雷雨に見舞われるかもしれません。竜巻などの激しい突風が吹いたり、ひょうが降ってきたりする恐れもあります。明日は空模様の変化に十分注意をしてください。
日中の気温は朝からあまり上がらず、20度前後の所が多いでしょう。服装にお気をつけください。
また、発達した低気圧が日本海を進む影響で、沿岸部を中心に風が強まり、北部の日本海沿岸の海上ではしける見込みです。強風や高波にも注意が必要です。

雷雲が近づくサインは?

画像C

雷雲が近づく前の現象として、大きく3つが挙げられます。
①「真っ黒な雲が近づいてきた」
発達した積乱雲は、真っ黒に見えます。黒い雲が速いスピードで動いているように見えたり、晴れていたのに、急に空が暗くなったりするのも、天気急変のサインの一つです。
②「雷の音が聞こえてきた」
ゴロゴロという音が聞こえてきたら、雷雲が近づいています。また、稲妻が見えた場合も、注意が必要です。
③「急に冷たい風が吹いてきた」
発達した積乱雲からは、雨粒とともに、冷たい風が勢いよく吹き降りてきます。風の変化にも、注意をしてください。

このような前兆を感じたら、すぐに安全な所へ避難してください。また、雷注意報が発表されている時や、天気予報で「大気の状態が不安定」、「天気が急変」という言葉を聞いた時には空模様の変化にご注意ください。