メイン画像

今日13日(月)の関東、帰宅時間帯にかけて横殴りの雨や雷雨に注意。特に、夕方は前線に伴う活発なライン状の雨雲が通過。短時間にザッと降る激しい雨や落雷、竜巻などの突風に注意が必要です。前線通過後は気温が急降下。夜は朝よりヒンヤリするため、風邪をひかないようご注意下さい。

箱根などで土砂降りの雨 羽田空港で最大瞬間風速20m/s超え

画像A

今日13日(月)は、日本列島を活発な前線が通過中です。関東地方も朝の通勤通学の時間帯から所々発達した雨雲がかかり、1時間雨量は、神奈川県箱根町で22.5ミリ(~08:10)と土砂降りの雨、東京都心も15.5ミリ(~06:30)と、やや強い雨が降りました。また、三宅島など伊豆諸島にも活発な雨雲がかかり、1時間に20ミリ以上の強い雨が降っています。

12時間雨量は、神奈川県箱根町で119.0ミリ(10:20まで)と、100ミリを超える雨がザッと降りました。

また、沿岸部を中心に風が強く、羽田空港や江戸川臨海では最大瞬間風速が20m/sを超える強風が吹き荒れています。

帰宅時間帯にかけて横殴りの雨 夕方にライン状の活発な雨雲通過

画像B

関東地方は、帰宅時間帯にかけて横殴りの雨に注意が必要です。

特に、夕方は前線に伴う、活発なライン状の雨雲が通過する見込みです。前線通過時は、局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る恐れがあります。1時間に50ミリ以上の雨とは、滝のようなゴーゴーと降る雨で、道路が一気に冠水する恐れがあるレベルです。

活発なライン状の雨雲は2~3時間でぬける予想ですが、東京都心では15時~18時頃まで、千葉や茨城など東部では20時頃まで警戒が必要です。

夜遅くなると、雨は次第に止む見込みです。

雨の後 北風に変わり気温急降下↓ 夜は朝よりヒンヤリ

画像C

前線通過後は、南風から北風に変わり、気温急降下。夜は朝よりヒンヤリします。

今朝の最低気温(午前9時まで)は、東京都心で18.8℃と、6日ぶりに18℃以上で、6月中旬並みの暖かな朝でした。このあと日中は20℃くらいで横ばいですが、夜は北風に変わり15℃くらいまでグッと下がります。羽織る物がないとヒンヤリします。重ね着などで、うまく調節しましょう。

明日以降は、週末にかけて晴れるでしょう。日に日に気温は上がり、土日は夏日・真夏日続出となりそうです。まだ、体が暑さに慣れていないため熱中症にご注意下さい。

大雨の時に危険な場所

画像D

大雨の時は、安全を確保するために以下の点に注意してください。

① 河川や用水路には近づかないでください。普段は流れの遅い河川や用水路でも、大雨によって水かさが増したり、流れが速くなったりします。増水した用水路は道路との境目が分からなくなっていて、足を取られるおそれがあります。

② 運転の際は、アンダーパスなど低い道路は避けるようにしてください。低い道路には雨水が流れ込みやすいため、すぐに冠水してしまうおそれがあります。車が水没して故障したり、水圧によって、ドアが開かなくなったりして、車内に取り残されると、非常に危険です。無理をして通らず迂回するなどの対応をとってください。

③ 山などの急な斜面はいつ崩れるか分からないため、決して近づかず、斜面とは反対側に避難するようにしてください。土砂災害警戒情報や大雨警報の危険度分布を細かく確認して、状況を常に把握するようにしましょう。

④ 地下は浸水するおそれがあるため、雨漏りなど異変を感じたら地上に移動するようにしてください。地下では、危険を察知することが遅れてしまいがちです。こまめに気象情報を確認し、速やかに地上に移動できるようにしておきましょう。

⑤ 上流にダムのある河川の近くに住んでいる場合は、ダムの水位情報を確認するようにしましょう。大雨が長時間にわたって降り続くと、ダムは決壊を防ぐために放流を始める場合があります。