メイン画像

13日(月)の東北地方は前線や暖かく湿った空気の影響で広い範囲で雨が降っています。このあとは太平洋側を中心に雨が降るでしょう。引き続き、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒して下さい。また、太平洋側の海上では暴風に警戒し、高波にも注意・警戒が必要です。

13日(月) 今夜にかけて太平洋側を中心に雨 危険な場所には近づかないで

画像A

13日(月)は前線が日本付近を通過しています。この前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、前線の活動が活発になっています。東北地方は広い範囲で雨が降り、午前11時までの24時間に降った雨の量は青森県深浦と秋田県八峰町八森で60.5ミリ、宮城県南三陸町志津川で55.5ミリなど、まとまった雨となっている所があります。

このあと、13日(月)夜にかけては太平洋側を中心に断続的に雨が降る見込みです。特に岩手県や宮城県、福島県の沿岸部では一時的にバケツをひっくり返したような激しい雨の降る所もあるでしょう。引き続き、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒して下さい。
また、太平洋側の海上では風が非常に強く、波の高い状態が続いています。13日(月)昼過ぎにかけては南よりの暴風に警戒して下さい。また、13日(月)夕方までは高波にも注意・警戒が必要です。

なお、上の画像は大雨の時に危険な場所を示しています。川や用水路、アンダーパス、急な斜面や崖の近くは非常に危険です。これらの場所には絶対に近づかないようにして下さい。

今週は晴れる日が多い 16日(木)は急な強い雨や落雷など天気の急変に注意

画像B

あす14日(火)と15日(水)は各地で日差しが届くでしょう。
ただ、16日(木)は気圧の谷や上空の寒気の影響で大気の状態が不安定となりそうです。午後は広い範囲で雨が降り、雷を伴う所もあるでしょう。急な強い雨や落雷など天気の急変に注意して下さい。
17日(金)は朝のうちまで青森や秋田で雨が残りますが、日中は広く青空が広がるでしょう。
18日(土)と19日(日)も安定して晴れる見込みです。厚手の洗濯物も比較的短い時間で乾くでしょう。
ただ、20日(月)になると前線が本州の南岸まで北上してくる予想で、前線に近い東北南部ほど曇りや雨のぐずついた天気となりそうです。

気温は平年より高い日が多いでしょう。特に18日(土)から20日(月)は最高気温が30度以上の真夏日となる所がありそうです。朝晩との寒暖差が大きくなるため、体調管理にお気を付け下さい。