メイン画像

今日11日(土)は、全国的に晴れて、夏日・真夏日続出。明日12日(日)は一転、西日本で大雨警戒。週明け13日(月)は東海や関東~東北で警報級の大雨の恐れ。5月としては記録的な大雨になる所も。風も強く交通機関に影響する可能性。最新の気象情報、交通情報をこまめに確認して下さい。

北陸 正午までに最高気温30℃以上の真夏日を観測

画像A

今日11日(土)は全国的に晴れて、強い日差しと南風で気温がグングン上昇中です。特に、北陸地方で気温の上がり方が早く、石川県加賀市では正午までに最高気温30℃以上の真夏日を観測しました。

【正午までの最高気温(実況:速報値)】
石川県加賀市中津原 30.2℃
沖縄県西表島の上原 30.0℃

この後も更に気温は上がり、全国の約5割以上で最高気温25℃以上の夏日予想。長野31℃、山形や福島、松江30℃など、東北や東日本の内陸部、北陸や山陰など日本海側では所々で真夏日予想。空気は比較的乾いていますが、まだ暑さに身体が慣れていません。こまめに休憩や水分をとり、熱中症には十分に注意しましょう。

明日12日(日)は夏日・真夏日地点は今日11日(土)の半分以下、明後日13日(月)は夏日地点は全国の1割程度と、グッと少なくなりそうです。

12日(日:母の日)~13日(月) 南北に立った前線が列島を通過

画像B

明日12日(日)~13日(月)にかけては、南北に延びる寒冷前線が日本列島を通過する見込みです。寒冷前線が南北に立っている時は、非常に危険です。寒冷前線に沿って、南の暖気が一気に北上し、また、北の寒気が一気に南下することから、大雨などの激しい現象が発生しやすいからです。

12日(日)は西日本を中心に、13日(月)は東日本や北日本を中心に警報級の大雨の恐れがあるとして、気象庁は大雨に関する早期注意情報を発表し警戒を呼び掛けています。

12日(日) 西日本で滝のような雨に警戒

画像C

明日12日(日)は、九州は朝から雨、中国・四国も昼前から広く雨が降り出し、午後は雷を伴い、非常に激しい雨の降る所があるでしょう。風も強まり、荒れた天気となりそうです。近畿や東海は夕方から雨となりそうです。関東や北陸、東北は、日中は晴れ間が出ますが、次第に雲が多くなり、夜は所々で雨となりそうです。北海道は雲が多く、昼頃から次第に雨が降るでしょう。

13日(月) 近畿~東北で警報級大雨の恐れ

画像D

週明け13日(月)は、近畿や東海、関東~東北にかけて、警報級の大雨の恐れがあります。寒冷前線通過時には、局地的に非常に激しい雨が降り、静岡など東海地方を中心に5月としては記録的な大雨となる所もありそうです。大気の状態が不安定なため、落雷や竜巻などの突風に警戒が必要です。

【大雨のピーク】
近畿~東海・北陸 13日(月)朝の通勤時間帯~昼頃
東北       13日(月)昼前後
関東       13日(月)お帰り時間帯

前線の動きにより、大雨のピーク時間帯が前後する可能性があります。風も強まり、交通機関に影響が出る恐れがあるため最新の気象情報・交通情報をこまめに確認して下さい。

非常に激しい雨とは?

画像E

非常に激しい雨は、1時間雨量が50ミリ以上~80ミリ未満の雨を表しています。これは、滝のように降る雨で、ゴーゴーと降り続くイメージです。また、傘は全く役にたたないレベルで、木造住宅の屋内では、寝ている人の半数くらいが雨に気づくほどです。外では水しぶきで、あたり一面が白っぽくなり、視界が悪くなるため、車の運転は危険です。

なお、1時間に50ミリの雨というのは、雨水が別の場所に流れず、そのまま、たまる状態だと、降った雨が50ミリの高さになるくらいです。1時間に50ミリの雨が、1平方メートルに降ると、50リットルの量になります。例えば、傘を開いた面積がおおむね1平方メートルなので、1時間、傘をさしていると、牛乳パック50本分もの雨が、傘にあたることになるのです。

ただ、実際は、まわりの雨水が集まると、その地点に降った雨の量よりも多く、水がたまることもあります。非常に激しい雨が降ると予想される所では(非常に激しい雨が降った所では)、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水・氾濫に、十分ご注意ください。