メイン画像

関西では、次に雨が降るのは12日(日)~13日(月)となる見込みです。週明けの13日(月)は前線が通過するため、雨の強まる時間があるでしょう。太平洋側を中心に大雨となる恐れもありますので、最新の情報に注意をしてください。この先は、一週間くらいの周期で天気が変わる見通しです。

12日(日)は次第に雨 13日(月)は各地で雨が強まり大雨の恐れも

画像A

関西では、11日(土)にかけては高気圧に覆われて大体晴れるでしょう。12日(日)は、西から前線が近づくため、夜ほど雨の降る所が多くなる見込みです。13日(月)は、前線が通過するタイミングを中心に雨が強まるでしょう。通勤・通学の時間帯に重なる可能性もありますので、最新の情報を確認するようにしてください。また、12日(日)から13日(月)にかけては、南よりの風も強まるでしょう。風の吹きつける南部を中心に雨雲が発達しやすく、大雨となる恐れがあります。低い土地の浸水や川の増水、土砂災害などに注意が必要です。

この先の天気は一週間くらいの周期で変化 日曜日に雨が続く

画像B

この先の天気は、一週間くらいの周期で変化しそうです。14日(火)は天気が回復し、15日(水)から18日(土)にかけては大体晴れますが、19日(日)は再び雨が降るでしょう。2週続けて日曜日に雨が予想されています。関西では、あと一か月もすれば本格的な雨の季節へ入るころです。週末の晴れの天気を逃さずに、外のレジャーを楽しんだり、梅雨支度を進めたりしておくといいでしょう。