メイン画像

今日8日の関東は大気の状態が不安定。激しい雨を観測したり、ひょうが降ったとの情報も。今夜にかけて天気の急変にご注意ください。明日9日は、朝は雨が降りやすいものの日中は清々しい晴天。朝から涼しく、日中も4月並みの気温で上着必須。10日から夏日が急増し、寒暖差大。

関東 今夜にかけて天気急変に注意

画像A

今日8日(水)は、上空に流れ込む寒気の影響で関東も大気の状態が不安定となっています。午後は都心でも急に雨が強まったり、晴れたりと変わりやすい天気です。

午後4時までの1時間降水量の最大値は、栃木県真岡市で32.0ミリ(午後2時39分まで)、群馬県桐生市では25.5ミリ(午後3時18分まで)を観測するなど、あちらこちらで激しい雨やどしゃ降りの雨が降りました。また、SNSでは東京都三鷹市など一部でひょうが降ったとの情報も出ています。

関東は今夜にかけて天気が急変する恐れがあります。局地的に激しい雨が降ったり、雷が鳴ったり、ひょうが降る見込みです。帰宅の際には変わりやすい天気にご注意ください。
また、雨で一気に気温が下がり、今夜は今朝よりも涼しく感じられるでしょう。

明日9日も寒気の影響が続く 朝は雨でヒンヤリ 上着必須

画像B

明日9日(木)も、寒気の影響が続く見込みです。
雷雨は今夜がピークとなりそうですが、明日9日朝から昼前にかけても関東では局地的に雨が降り、ザっと強まる所もあるでしょう。朝の通勤通学は傘が必要になる所が多くなりそうです。雨が降っていなくても午前中は雨具があると安心です。

日中は次第に天気は回復し、日差しが戻るでしょう。予想最高気温は20℃前後の所が多く、各地で4月並みの気温です。昼間でも長袖や羽織るものがあると良さそうです。

10日から夏日が急増 11日が暑さピーク 熱中症に注意

画像C

明後日10日(金)から気温が急上昇し、最高気温が25℃以上の夏日の所が増えるでしょう。
11日(土)が暑さのピークとなり、広い範囲で夏日となり、中には30℃以上の真夏日になる所もありそうです。
明日9日(木)にかけていったん涼しくなるため、再び体が暑さに慣れていないような状態に戻ります。急に暑くなることで熱中症にかかるリスクが高まりそうです。

運動会の練習を行っている学校も多いようですが、今週末10日(金)、11日(土)、12日(日)は各地で季節を先取りの暑さになるでしょう。
屋外では帽子をかぶったり、涼しい場所でこまめに水分補給や休憩をとるなど、熱中症に十分ご注意ください。