メイン画像

今日(5日)こどもの日の北海道は、風が強まった所もありましたが、日本海側やオホーツク海側を中心に広く日差しがあり、外出にもまずまずの日和となっています。明日(6日)はGW最終日ですが、明日からの道内は雲に覆われて、雨の降る日が続きそうです。明日から連休明けの道内の天気について詳しく解説していきます。

明日の午後には全道的に雨 中心は日本海側

画像A

今夜には、日本海から低気圧が近づいてくる見込みで、日付が変わる頃から道北や道央の所々で雨が降り出しそうです。明日の朝以降は道北や道央、オホーツク海側で広く雨が降りやすくなり、昼過ぎには道南方面、夕方からは道東にも雨の範囲が広がるでしょう。午後には全道的に雨となるため、連休最終日の外出の際、まだ雨が降り出していなくても、雨具は忘れずにお持ち下さい。

明日の雨の中心は日本海側で、午後は一時的に雨脚の強まることがありそうです。明日降る雨の量は日本海側で全般に20ミリ前後、局地的には40ミリくらいと、ややまとまった雨量となります。また、午後は道南方面や道北で風の強まる所があり、傘が差しにくくなることもあるでしょう。

札幌も、明日は一日を通して雲に覆われて、朝から雨が降ったりやんだりとなりそうです。明日の雨の量は、札幌市内の多い所で10ミリから20ミリ前後でしょう。

連休後もしばらく続く道内の雨

画像B

明日降り出す雨は、連休明けも続く見込みです。7日(火)~8日(水)にかけても日本海側や太平洋側西部を中心に雨が降りやすく、時折降り方の強まる恐れがあります。5日時点で予想される、明日から8日(水)にかけて降る雨の量は、日本海側や太平洋側西部の多い所で100ミリから150ミリ前後の大雨となる所もあるでしょう。

9日(木)~10日(金)頃には低気圧が次第に東へ離れ、北海道付近には高気圧が張り出してくるため、各地で晴れ間が戻る見込みです。

最高気温は平年並みか低め 空気がひんやりすることも

連休明け7日(火)~10日(金)にかけては、最高気温が全般に平年並みか、道北・オホーツク海側などで平年より4度ほど低くなる見込みです。全般に15度前後となり、稚内や網走など、道北・オホーツク海側では7度くらいと、最高気温でも一桁にとどまる日がありそうです。特に7日(火)や8日(水)頃は雨や風の影響で、傘を持つ手がひんやりと感じることもあるでしょう。

長い連休の後、なかなか仕事モードになれない方もいるかもしれませんが、出勤の際などは服装選びに注意し、体調を崩さないようにして下さい。