メイン画像

今日4日(土:みどりの日)は、たっぷりの日差しで気温がグングン上昇。東京都心など7月並みの暑さの所もあり、福島では最高気温30℃以上の真夏日の予想。熱中症だけでなく、紫外線対策も万全に。

広く晴れ 全国の半数以上で夏日予想

画像A

今日4日(土:みどりの日)は、沖縄や九州南部の一部で雨が降るほかは、広い範囲で晴れる見込みです。この時期としては暖かい空気が流れ込む中で、たっぷりの日差しが加わり、日中は速いペースで気温が上がるでしょう。

最高気温は、昨日3日(金:憲法記念日)より高い所が多く、沖縄や九州から東北では25℃以上の夏日の所がほとんど。全国のアメダスの半数以上の地点で夏日の予想です。関東甲信や東北では30℃近くまで上がる所が多く、東京都心は29℃と、7月上旬並みの暑さでしょう。福島は31℃と真夏日の予想です。外で長い時間過ごす場合は、特に熱中症に注意が必要です。喉が渇く前に水分をとり、こまめな休憩を心がけましょう。室内では無理をせずエアコンを使うなど、暑さを避けてお過ごしください。

朝晩と日中との気温差 内陸ほど大きい

画像B

また、朝晩と日中との気温差にも注意が必要です。午前8時までの最低気温は、北海道稚内市沼川でマイナス3.2℃、岩手県盛岡市薮川でマイナス1.1℃など、北日本では最低気温0℃未満の冬日の所もあります。

内陸ほど朝晩は冷えますが、日中の気温も上がりやすいため、一日の中での気温差が20℃以上になる所もあるでしょう。気温差5℃で服装一枚分に相当すると言われています。重ね着などでうまく調節をしてください。

紫外線指数 屋外は万全の対策を

画像C

今日4日(土:みどりの日)の紫外線指数です。沖縄や九州から関東、北陸では、上から2番目のランク「非常に強い」の所が多くなっています。また、仙台は「強い」、札幌や釧路では「やや強い」です。

紫外線は春から初秋にかけて強まり、4月~9月に1年のおよそ70~80%の紫外線が降り注ぎます。最も紫外線が強いのは、6月から8月の夏の時期です。これからますます紫外線が強くなるため、短い時間の外出でも油断せず、対策をしてください。日傘や帽子を使って日差しを遮ることは、熱中症対策にもなります。

紫外線指数(UVインデックス)は、人体に影響を与えうる有害紫外線量を5ランクで表しています。「やや強い」レベル以上が予想される場合は、紫外線対策が推奨されています。