メイン画像

ゴールデンウィーク後半は、5日(日:こどもの日)にかけて晴れて、お出かけ日和。6日(月:振替休日)から8日(水)は荒れた天気になるおそれ。晴れると夏日が続出するものの、日ごとの気温差にはご注意を。

2日(木)~8日(水) 暑さのち荒天

画像A

明日2日(木)は、東海や関東で朝まで雨の降る所がありますが、日中は広い範囲で晴れるでしょう。ただ、前線の影響を受ける沖縄は雨が降り、雷を伴って雨脚が強まる所もありそうです。

3日(金:憲法記念日)は気圧の谷や寒気の影響で、北海道など所々で雨が降るものの、5日(日:こどもの日)にかけては晴れる所が多いでしょう。お出かけ日和となりそうです。

6日(月:振替休日)から8日(水)にかけては、低気圧が日本海を北上し、北海道付近へ進むでしょう。6日(月:振替休日)は西から雨の範囲が広がり、7日(火)は全国的に雨。南よりの風が強まり、横なぐりの雨になる所もありそうです。8日(水)も北海道や本州の日本海側の地域を中心に雨が降るでしょう。ゴールデンウィークのUターンラッシュに重なるタイミングでもあるため、交通機関に乱れがないかなど、最新の情報を確認してください。

日ごとの気温差が大きく、4日(土:みどりの日)と5日(日:こどもの日)は、全国のアメダスの約半数の地点で最高気温が25℃以上の夏日となるでしょう。特に屋外のレジャーやスポーツは、万全な熱中症対策が必要です。6日(月:振替休日)には暑さが収まるものの、ムシッと感じられるでしょう。

9日(木)~14日(火) 西・東日本 夏日が続く所も

画像B

9日(木)から10日(金)にかけては、気圧の谷の影響で、所々で雨が降るでしょう。最新の予想では、長い時間降る雨ではなさそうですが、晴れ間がある所でも急な雨にご注意ください。

11日(土)以降は、関東をはじめ、晴れる所が多いでしょう。ただ、沖縄は13日(月)から再び雨が降りそうです。沖縄の梅雨入りの平年は5月10日ごろで、いつ梅雨入りしてもおかしくありません。

最高気温は10日(金)頃から平年を上回る所が多く、東海や関東など、25℃以上の夏日が続きそうです。12日(日)は仙台で25℃と夏日予想。札幌も18℃くらいまで上がり、昼間は過ごしやすいでしょう。朝晩と日中との気温差が大きくなるため、服装でうまく調節をしてください。