坂川陽香(さかがわ・ひゆか)/福井県出身。「かがやきちゃん」に扮して、地元テレビに出演し、福井をPR。AKB48のメンバーとして、全国区でも活躍中(写真:福井放送提供)

 北陸新幹線の延伸で関東から福井県へのアクセスが便利になった。福井県出身でAKB48の坂川陽香さんが語る地元福井の魅力とは。AERA 2024年4月29日-5月6日合併号より。

【写真】JR敦賀駅に停車中の「かがやき」

*  *  *

「かがやき」ですか? 乗りましたよ!

最初に乗った時、まず速いのに驚きました。スピードもですし、東京までの時間もあっという間。車内は落ち着いた空間で、とっても乗り心地がいいです。お仕事で東京によく行くので、北陸新幹線はなくてはならない交通手段です。今までは、まず金沢に行ってそこから北陸新幹線で東京に通ってましたから、延伸によって乗り換えがなくなったのも大きなポイントです。

「かがやきちゃん」に扮して福井県のPRをやらせていただくようになったのは、北陸新幹線延伸1年前を記念して、福井県と福井放送が共同で企画した特別ドラマで不思議少女「かがやき」として出演したのがきっかけです。

この新幹線のかぶり物は特注で、私の頭にぴったりです。軽くて、触り心地もぷよぷよしています(笑)。今も「かがやきちゃん」になって、福井放送で県内の名所を回る番組コーナー「かがやきちゃんの旅」に出ています。

福井と言えば恐竜ですが、豊かな自然や伝統文化、見どころもたくさんあります。圧倒されるのは、やっぱり東尋坊。おいしい食べ物もいっぱいあって、私の好物は大根おろしをのせた「おろしそば」です。甘味は、「羽二重くるみ」と「水ようかん」。そして、何といっても福井は「幸福度日本一」に何度もなっているくらい、すごく温かい人が多いです。

福井に来てくださる方は、自身の足でその場に行って、私以上に福井の魅力を見つけてもらえたらうれしいです。ぜひ北陸、そして福井を訪れてほしいと思います。

(編集部・野村昌二)

AERA 2024年4月29日-5月6日合併号より抜粋

著者プロフィールを見る
野村昌二

野村昌二

ニュース週刊誌『AERA』記者。格差、貧困、マイノリティの問題を中心に、ときどきサブカルなども書いています。著書に『ぼくたちクルド人』。大切にしたのは、人が幸せに生きる権利。

野村昌二の記事一覧はこちら