メイン画像

今日30日は、長袖シャツとジャケットなど、重ね着でうまく調節を。北日本は朝よりも夜の方がヒンヤリする所が多くなりそう。

画像A

今日30日の日中は、昨日29日(月:昭和の日)よりも気温の低い所がありますが、湿気が多く、ムシッと感じられるでしょう。

北海道は次第に雨の範囲が広がり、日中の気温の上がり方は鈍いでしょう。夜は日本海側からヒンヤリした空気に入れ替わるため、重ね着でうまく調節をしてください。東北も、朝晩はジャケットが必要になりそうです。

北陸と関東から九州は、長袖シャツに薄手のジャケットなど、脱ぎ着のしやすい服装が良いでしょう。大阪や高知、鹿児島をはじめ、西日本は最高気温25℃以上の夏日の所もあり、昼前後は半袖で過ごせる所もありそうです。

沖縄は朝晩も気温が下がりにくく、最高気温は30℃くらいまで上がる所が多いでしょう。蒸し暑さが続くため、風通しの良い服装が良さそうです。

服装指数は、朝晩や日中の予想気温からどのような服装が適しているか提案するものです。人により暑さや寒さの感じ方が異なりますが、服装選びの参考にしてください。