メイン画像

今朝(30日)の関東地方は、沿岸部を中心に雨雲がかかっています。このあと昼頃にかけては断続的に雨が降り、雷を伴う所も。明日(5月1日)の午後は、再び広く雨。ヒンヤリした空気に入れ替わり、気温差が大きくなりそう。

午前中は雨や雷雨 午後はムシムシ

画像A

今日30日(火)の関東地方は、本州の南岸を進む低気圧の影響で、昼頃まで断続的に雨が降るでしょう。本降りになる時間があり、神奈川県や千葉県では雷を伴ってザッと強く降ることもありそうです。午後は雨がやんで、晴れ間も出るでしょう。

最高気温は、昨日29日(月:昭和の日)よりも低くなりますが、それでもこの時期としては高い予想です。東京都心や谷、前橋などで25℃、横浜は24℃と、ムシッとした暑さが続くでしょう。こまめな水分補給を心がけてください。

5月のスタート 午後は各地で雨

画像B

明日5月1日(水)は、気圧の谷や湿った空気の影響で、早い所では昼前から雨が降りだすでしょう。午後は広い範囲で雨が降り、伊豆諸島では発達した雨雲がかかりそうです。

最高気温は20℃前後の所が多く、平年並みか低くなるでしょう。最高気温は、午前中に観測される所が多く、雨が降りだすと気温が下がってきます。東京都心は、午前9時に19℃くらいですが、午後3時には15℃くらいまで下がる予想です。東よりの風が吹いて、いっそうヒンヤリと感じられるでしょう。寒暖差で体調を崩さないよう、服装でうまく調節をしてください。