メイン画像

明日28日(日)は晴れる所が多く、関東から中国地方でも30℃前後まで気温が上がるでしょう。晴天は長続きせず、29日(月・昭和の日)は西から雨の範囲が広がりそうです。5月2日(木)から4日(土・みどりの日)は再び広い範囲で晴れて、行楽にもよいでしょう。ただ、夏日の所が多くなるため、暑さ対策が欠かせません。

28日(日)は晴れて暑くなる 関東などで今年初めての真夏日も

画像A

ゴールデンウィーク初日の今日27日(土)は、九州から関東ではすっきりしない天気となり、太平洋側を中心に雨の降った所がありました。一方、北陸や東北、北海道は晴れた所が多く、今年これまでの最高気温や、4月1位の高温を観測した所がありました。

明日28日(日)は、高気圧に覆われ、広い範囲で晴れるでしょう。北海道の暑さは収まりますが、東北は南部を中心に季節先取りの暑さが続きます。仙台の最高気温は29℃の予想で、4月としては記録的な高温になるでしょう。
また、関東から中国地方はきょうより気温が高くなり、グンと暑くなります。関東や東海、近畿では今年初めて真夏日となる所が出てきそうです。東京都心の最高気温は29℃の予想で、4月の高温記録の3位以内にランクインする可能性があります。

まだ春だからと油断せず、暑さ対策を万全にしてください。

車内温度が高い時の、効率的な下げ方

画像B

直射日光の当たる場所に駐車した車は車内温度が上昇していることが多くあります。車内が暑い場合、最も効率的に涼しくする方法は、窓を全開にしてエアコンを外気導入にして走り出し、車内の熱気を出したら窓を閉め、内気循環にして冷やすことです。上の画像を参考になさってください。

熱中症の症状には、めまいや顔のほてり、体のだるさや吐き気などがあります。どのような症状が熱中症の症状であるかを知っておき、熱中症になっていることに気付けるようにしましょう。

熱中症かな?と思ったら、すぐに応急処置を行い、場合によって病院などの医療機関へ連れていきましょう。熱中症の疑いがある場合は、涼しい場所に移動し、体を冷やして体温を下げましょう。水分補給ができる場合は、水分や塩分を補給しましょう。

29日(月)~5月1日(水) 雨の所が多い

画像C

連休中、屋外のレジャーを予定されている方も多いと思いますが、晴天は長続きしません。

29日(月・昭和の日)は、前線を伴った低気圧が西日本に接近します。このため西から天気は下り坂に向かうでしょう。九州では朝から雨が降り出し、夜は近畿や東海でも傘が必要になりそうです。

30日(火)は、低気圧が日本海から北日本へ進み、雨の範囲がさらに東や北へ広がるでしょう。本降りの雨となる所が多く、風も強まりそうです。

1日(水)は、前線の通過に伴い、雨の降る所があるでしょう。この日は予報にばらつきがあり、雨の降る場所や時間が変わる可能性があります。

なお、前線の通過後は上空に寒気が流れ込むため、中部山岳の標高の高い所では雪が積もることが考えられます。気象遭難が発生するような気象条件となる恐れがありますので、登山は最新の情報を確認し、予定の変更を検討しましょう。

2日(木)~4日(土)広く晴れ 5日(日)は再び西から天気下り坂へ

2日(木)~4日(土・みどりの日)にかけては広い範囲で晴れる見込みです。屋外のレジャーにもよいでしょう。ただ、3日(金・憲法記念日)と4日(土・みどりの日)は、九州から関東、東北で25℃以上の夏日となる所が続出しそうです。屋外では、帽子や日傘で強い日差しを避ける、定期的に涼しい場所で休憩し、こまめに水分を補給するなど、暑さ対策を忘れないようにしましょう。

5日(日・こどもの日)も晴れる所が多いですが、九州で雨が降り出します。ゴールデンウィーク最終日の6日(月・振替休日)は広い範囲に雨雲がかかるでしょう。