エンゼルスのマイク・トラウト(USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

 大谷翔平が昨シーズンのオフにドジャースに移籍したことで、日本のメディア、そしてファンの注目は新天地での動向に向いている。

【写真】イチローだけじゃない!MLBの年金額「満額支給」の日本人選手がこちら(ほか3人)

 だが、いまだに大谷が所属した“余韻”もある古巣エンゼルスの戦いぶりや、かつての盟友とも呼べるマイク・トラウト外野手のパフォーマンスも同時に気になるところ。投打の“二刀流”大谷が抜けたことで、エンゼルスの開幕前の下馬評はかなり低かったが、シーズン開始から約1カ月たった今、どんな状態なのだろうか。(以下、文中の成績はすべて現地4月22日終了時点)

 まず、チームの順位はアスレチックスと並びア・リーグ西地区の3位タイ(9勝14敗)。同地区で昨季ワールドシリーズを制覇したレンジャーズが12勝11敗で首位を走っているものの、ゲーム差は3.0と現状ではトップを視界にとらえている状況ではある。

 先述の通り、シーズン前は投打に厳しい戦いが予想されていたが、なんとか踏ん張れているのはトラウトの活躍もあるだろう。大谷が去り、チームは完全な再建期に入っていることから「トラウトをトレードで出して有望株を獲るべき」という考えが米国はもちろん、日本でも議論となったが、今季もエンゼルスの一員としてシーズンを迎えた。

 トラウトはここまで打率こそ.236と高くないものの、ア・リーグトップの8本塁打を放っている。ソロアーチが多く11打点というのは気になるが、盗塁も同8位タイの5個をマーク。2020年以降は最多の盗塁数が2個だったように、ここ数年は出塁しても走ることはなかったが、指揮官がロン・ワシントン新監督に代わり、持ち味だったスピードを発揮できているようだ。18日のレイズ戦では2018年7月以来となる複数盗塁を記録している。

 トラウト以外の野手では2022年シーズンにブレイクを果たしたテーラー・ウォード外野手が打率.277(94打数26安打)、6本塁打、21打点と好調をキープし、有望株のローガン・オホッピー捕手、ルイス・レンヒーフォ内野手、新加入のミゲル・サノ内野手などもまずまずの成績を残している。

次のページ
投手陣の現状は?