カイリー・ミノーグ、米タイム誌の「2024年最も影響力のある100人」に選出

 2023年にポピュラー音楽界の頂点に返り咲いたカイリー・ミノーグは、世界で最も影響力のある人物の一人として、その功績を喜ぶ準備ができているようだ。

 現地時間4月17日、米タイム誌は2024年の「世界で最も影響力のある100人」を発表した。同じく音楽界のデュア・リパ、21サヴェージ、バーナ・ボーイ、ジャック・アントノフらと並んで、ミノーグは「アイコン」のカテゴリーに選ばれ、念願のリスト入りを果たした。コールドプレイのフロントマンであるクリス・マーティンは、ミノーグに敬意を表し、自身のキャリアを揺るぎなく支えてくれたことを称え、「カイリー・ミノーグは、私が初めて会った芸能人のひとりです。彼女はポップスターで、私は10年間毎日“ネイバーズ”で彼女を見ていました。だから、彼女がコールドプレイの初期のライブに来たとき、私はすでに15年近く彼女のファンでした」とコメントを寄せている。

 マーティンは「彼女は人生をとても優雅に生き、すべてのプロジェクトに情熱と献身をもって取り組んでいます。彼女は常に他の誰よりも10年先を進んでいるように見えますし、ファンが何年も愛し続けるような曲を作り、人の役に立つ方法を知っているアーティストです。カイリーは、誰もが自分らしくいられる安全な空間を作り出しています。彼女を見ていると希望を感じます。この世に他人をジャッジしない人間がいる証拠です」と続け、ミノーグが数十年にわたるキャリアを通して自己改革へ取り組んできたことを称賛した。

 ミノーグは自身のインスタグラムで、昨年の大ヒット曲「Padam Padam」に触れながら、「こんなすばらしい人々とともにこの素晴らしい栄誉を受けることができ、感謝しています。私にとって非常に衝撃的なことで、私の心臓を完全に“パダム”(ドキドキ)させています!」と米タイム誌が彼女を表彰してくれたことに感謝し、リスト入りしたことに驚いた様子を見せた。