メイン画像

沖縄本島地方周辺には、活発な雨雲がかかり続けています。局地的にカミナリを伴った非常に激しい雨が降り、大雨による災害の危険度が高まっている地域があります。土砂災害や低い土地の浸水に厳重な警戒が必要です。

日中いっぱい広く雨 昼過ぎまでは局地的に滝のような雨も

今日15日は、停滞する前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、沖縄地方は大気の状態が非常に不安定になっています。

沖縄本島地方周辺には、活発な雨雲やカミナリ雲がかかり続けています。午前10時40分までの1時間に、渡名喜村では74.5ミリの非常に激しい雨を観測し、24時間で200ミリを超える大雨となっています。

そのほかの地域でも大雨となり、午前11時現在、沖縄県の那覇市、豊見城市・糸満市・東村・国頭村・久米島町に土砂災害警戒情報が発表されています。沖縄地方では、このあとも日中いっぱいは広い範囲で雨が降り、局地的にカミナリを伴って非常に激しい雨の降る見込みです。土砂災害や低い土地の浸水に厳重に警戒するとともに、河川の増水、落雷、竜巻などの激しい突風にも十分ご注意ください。

非常に激しい雨とは?

画像B

非常に激しい雨は、1時間雨量が50ミリ以上~80ミリ未満の雨を表しています。これは、滝のように降る雨で、ゴーゴーと降り続くイメージです。また、傘は全く役にたたないレベルで、木造住宅の屋内では、寝ている人の半数くらいが雨に気づくほどです。外では水しぶきで、あたり一面が白っぽくなり、視界が悪くなるため、車の運転は危険です。

なお、1時間に50ミリの雨というのは、雨水が別の場所に流れず、そのまま、たまる状態だと、降った雨が50ミリの高さになるくらいです。1時間に50ミリの雨が、1平方メートルに降ると、50リットルの量になります。例えば、傘を開いた面積がおおむね1平方メートルなので、1時間、傘をさしていると、牛乳パック50本分もの雨が、傘にあたることになるのです。

ただ、実際は、まわりの雨水が集まると、その地点に降った雨の量よりも多く、水がたまることもあります。非常に激しい雨が降ると予想される所では(非常に激しい雨が降った所では)、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水・氾濫に、十分ご注意ください。