メイン画像

今日10日、日本気象協会は「2024年桜開花・満開予想(第8回)」を発表。今年これまでを振り返ると、桜の開花は関東以西では平年より遅い傾向となりました。これから開花を迎える北日本では、平年より早い開花に。青森は4月14日に開花、札幌は23日に桜が開花する見込みです。

開花・満開の傾向

画像A

全国的に平年より気温が高くなった4月上旬は、開花・満開ラッシュとなりました。南は鹿児島市から、北は秋田市までの各地で開花・満開を迎え、10日15時現在、開花した地点は64地点、満開となった地点は49地点にのぼりました。

今年のこれまでの開花を振り返ると、北の地域ほど平年より早い傾向にある一方で、関東以南の地域では平年より遅くなる傾向となっています。これは、北の地域ほど暖冬でも休眠打破が遅れた影響を受けにくく、かつ3月末から4月上旬にかけての気温の高さが、桜の早期開花を促したためとみられます。

この先、4月下旬にかけて気温は全国的に平年より高く推移する見込みです。そのため北日本では、開花・満開ともに、平年より早いところが多く、かなり早くなるところもあるでしょう。
4月11日には盛岡で、14日には青森で開花する見込みです。19日に青森で満開を迎えたのち、4月中旬には北海道へ到達し、23日には札幌で、5月1日には旭川でも開花となるでしょう。

※秋田で開花が発表されたのは15時で、プレスリリース(14時)からは情報が更新されています。

富山 今日10日に桜満開

画像B

4月2日に開花した富山の桜は、順調に咲き進み、今日10日に満開となりました。
昨年より14日遅く、平年より2日遅い満開となりました。

新潟 明日11日に満開予想

画像C

4月6日に開花した新潟の桜は、順調に咲き進んでいます。満開予想日はあす4月11日です。
週末にかけて広い範囲で晴れて、お花見日和が続く見込みです。

言葉の説明

平年:1991~2020年の平均値

かなり早い :平年よりも7日以上早い
早い :平年よりも3日から6日早い
平年並 :平年との差が2日以内
遅い :平年よりも3日から6日遅い
かなり遅い :平年よりも7日以上遅い