メイン画像

今日8日の東海地方は、朝からどんよりとした曇り空で、雨が降ったり止んだりの天気となっています。今夜は次第に本降りの雨となり、明日9日は静岡県を中心に警報級の大雨の恐れがあります。明日9日朝の通勤・通学は雨の降り方に十分注意し、時間に余裕を持ってお出掛けください。

今夜は次第に本降りの雨

画像A

今夜には前線上の四国の南に低気圧が発生し、この低気圧が、明日9日にかけて東海地方沿岸を東北東へ進む見込みです。今夜は、時間が遅くになるにつれて、本降りの雨になる所が多くなるでしょう。帰りが遅くなる方は大きめの傘があると安心です。

明日9日静岡県を中心に警報級の大雨の恐れ

画像B

【静岡県】予想降水量

画像C

東海地方は、今夜から明日9日昼頃にかけて暖かく湿った空気の流れ込みが強まる見込みです。また、風がぶつかることで、より雨雲の発達する所があるでしょう。静岡県を中心に警報級の大雨の恐れがあります。

明日9日昼頃にかけて、雷を伴った非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。風も強まり、傘が役に立たないような雨が予想されます。明日9日の朝は時間に余裕を持って、車の運転にも十分注意してください。また、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒が必要です。

10日(水)以降 お花見日和が続く

画像D

明日9日午後は天気が回復し、晴れ間が戻る見込みです。14日(日)にかけては高気圧に覆われるため、広く晴れの天気が続くでしょう。沿岸部で雨の降る所はありますが、大きな天気の崩れはない見込みです。最高気温は25℃くらいまで上がる日もあり、汗ばむ陽気となる日もありそうです。

なお、名古屋は昨日7日、静岡は今日8日、桜満開の便りが届きました。この先は、市街地から標高の高い所へ見頃が移るでしょう。週末にかけて絶好のお花見日和が続きそうです。
また、ヒノキ花粉の飛散が「非常に多い」日が続いています。まだまだピークは続くため、お花見は花粉対策を万全にしてお出掛けください。

15日(月)は天気は下り坂で、低気圧が日本海を進み湿った空気が入りやすくなるため、雲が多くなるでしょう。