メイン画像

関東地方は、今日6日(土)もスッキリしない天気。南部を中心に所々で雨。最高気温は15℃前後。この時期としては低めで、昼間も少しヒンヤリ。

雲が主役 南部を中心に雨

今日6日(土)も、湿った東よりの風が吹きます。関東の空はドンヨリで、日差しはあっても一時的となりそうです。朝晩は多くの所で雨が降り、日中も南部を中心ににわか雨の可能性。雨脚が強まることはない見込みですが、お花見など、お出かけの際には、折りたたみの傘を持っておくと良さそうです。

予想最高気温は15℃前後の所がほとんど。
昨日(5日)と比べると高めでも、平年よりやや低いでしょう。昼間も空気が少しヒンヤリと感じられそうです。ジャケットなどの上着が欠かせないでしょう。夜にかけても、気温はほぼ横ばいとなりそうです。

明日7日(日)は花冷え解消 次の週末は夏日か

画像B

明日7日(日)は、朝までは所々で雨。昼頃からは次第に晴れ間が広がります。日中の気温は多くの所で20℃前後まで上がるでしょう。風も比較的穏やかで、暖かな日差しに春を実感できそうです。

その先、8日(月)後半から9日(火)の前半は、前線が近づくため広く雨。沿岸部を中心に、本降りになる時間帯もあるでしょう。満開を過ぎた桜は、この雨の影響で散ってしまうかもしれません。なお、9日(火)は北よりの風が吹いて、気温が朝からあまり上がらないでしょう。10日(水)以降は晴れて、気温が上昇。13日(土)は、所々で夏日(最高気温25℃以上)となりそうです。まだ、体が暑さに慣れていない時期ですので、屋外のレジャーやスポーツなど、無理は禁物です。こまめに水分を補給し、時間を決めて休憩をとるようにしてください。