メイン画像

今日4日(木)は、東京と岐阜で桜(ソメイヨシノ)が満開に。週末にかけて、九州~東北南部にかけて満開ラッシュとなりそうです。ただ、本州の南には前線が停滞。前線に近い太平洋側ほど雲が多くすっきりしない天気に。そんな中、一番のお花見日和は?

4日 東京と岐阜で満開

画像A

今日4日(木)は、東京と岐阜で桜が満開となりました。東京では平年より4日遅く、昨年より13日遅い満開。岐阜では平年より2日遅く、昨年より12日遅い満開です。

東京では、ここ数年は3月中に満開になることが多く、4月にずれ込むのは、2017年4月2日以来、7年ぶりのことです。

日本気象協会の予想では、明日5日(金)は京都、6日(土)は大阪や仙台などで満開となる予想です。名古屋は、今日4日(木)満開予想でしたが、発表はありませんでした。ただ、満開まで秒読みの状況です。

桜満開ラッシュへ 本州の南に前線停滞 一番のお花見日和は?

画像B

今週末にかけては、九州~東北南部にかけて満開ラッシュとなりそうです。ただ、明日5日(金)以降も、本州の南海上に前線が停滞するため、前線に近い太平洋側を中心に雲が広がりやすい見込みです。

前線がやや南下する5日(金)と6日(土)は、雨の降る所は少なく、お花見によさそうです。

7日(日)以降は前線が北上、週明けは前線上を低気圧が東進するため、西日本や東日本の太平洋側を中心に雨で、ザッと強まる所もありそうです。

来週は満開の桜に試練の雨風か

画像C

明日5日(金)は、広い範囲で晴れて、最高気温は平年並みか高い所が多いでしょう。ただ、関東では北東からの冷たい空気が入るため雲が広がりやすく、にわか雨の所がありそうです。関東は朝からほとんど気温が上がらず、東京都心の最高気温は12℃と2月下旬並みの予想です。お花見には、厚手の上着で折り畳み傘をお持ち下さい。鹿児島など九州南部~沖縄では雨や雷雨となるでしょう。

6日(土)は、晴れる所が多く、全国的に一番のお花見日和となりそうです。

7日(日)は、予報が変わりやすくなっています。前線が次第に北上するため、西日本や東日本の太平洋側を中心に雨予想に変わる可能性があります。

8日(月)~9日(火)は、西日本や東日本の広い範囲で雨が降り、太平洋側を中心に雨脚の強まる所があるでしょう。沿岸部を中心に風も強まるため、開花からしばらく経った所では、花散らしの雨となりそうです。花吹雪や川では花筏(はないかだ)が見られる所もあるでしょう。

今週末、土日にお花見を計画されている方は、6日(土)がおすすめです。