メイン画像

今日2日は、九州から東北のあちらこちらから春の便りが続々と届きました。福岡や本、津など桜が続々と満開となり、仙台や彦根では桜が開花。秋田では梅が開花しました。いずれも昨年より遅く、彦根の桜開花と秋田の梅開花は、昨年より10日遅くなりました。

福岡など桜が続々と満開に 仙台・彦根で桜開花

今日2日(火)、日本付近は高気圧に覆われて、広い範囲で晴れました。九州や中国地方、近畿から北陸の日本海側を中心に気温が上がり、今年一番の暖かさとなった所もありました。暖かさに誘われて、全国各地から春の便りが続々と届きました。

福岡と佐賀、長崎、熊本、津では桜が満開となり、仙台や彦根では桜が開花しました。いずれも昨年より遅く、彦根は10日遅くなりました。
平年と比べると、佐賀と長崎は平年並み。熊本と彦根は平年より1日遅く、福岡は2日遅くなりました。一方、仙台の桜の開花は、平年より6日早い開花となりました。

秋田では梅が開花

画像B

秋田では梅が開花しました。平年より6日早く、昨年より10日遅い開花となりました。いよいよ北国も百花繚乱の季節が近づいてきました。

都心の桜は?

画像C

上の写真は、今日2日(火)午後2時頃の東京都豊島区の桜の様子です。日当たりによって咲き具合にばらつきがあり、部分的には花が開いていますが、まだ全体は3分咲きくらいとなっています。

桜や梅を楽しめるお花日和はいったん今日までで、明日3日(水)から4日(木)の午前中は広く雨でしょう。まとまった雨になりますので、外出の際はご注意ください。
日本気象協会の桜開花満開予想によると、東京の桜満開は4日(木)の予想です。5日(金)と6日(土)は広い範囲で、青空の下、お花見が楽しめるでしょう。