メイン画像

今日31日(日)の日中は晴れる所が多く、気温上昇。関東では、最高気温が25℃以上の夏日の所が多くなりそう。昨日30日(土)に続いて、九州から北海道の広い範囲で黄砂が飛来する予想。車や洗濯物の汚れにご注意を。

九州から北海道 黄砂飛来

画像A

今日31日(日)も、九州から北海道の広い範囲で黄砂の飛来が予想されています。

未明には、大阪と東京で黄砂が観測されました。視程(水平方向で見通しの効く距離)は10キロ以上でした。大阪と東京では、昨日30日(土)に続いて、2日連続です。

黄砂が飛来すると、車や洗濯物に付着して、汚れてしまう可能性があります。また、目や鼻、皮膚などのアレルギー症状との関連があり、目のかゆみ、結膜炎、鼻水やくしゃみなどを引き起こすことがあると報告されています。花粉も大量飛散となるため、マスクなどでしっかり対策をしてください。

広く日差し 沖縄は夜から雨脚強まる

画像B

今日31日(日)は、高気圧に緩やかに覆われますが、昼頃にかけて北日本を気圧の谷が通過するでしょう。また、夜には九州の南に前線を伴った低気圧が進む予想です。

沖縄は、雨が降ったりやんだりするでしょう。夜は低気圧や前線が近づくため、本島地方では雷を伴った激しい雨の降る所がありそうです。明日4月1日(月)にかけて、警報級の大雨になるおそれがあります。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に十分注意してください。

九州は雲が広がりやすく、所々で雨や雷雨となるでしょう。九州南部は夜から広い範囲で雨が降りそうです。四国や中国地方から東海は、晴れ間があっても、急な雨にご注意ください。

関東甲信は、おおおむ晴れる見込みです。夕方以降は雲が増えてきますが、雨が降るのは内陸の一部に限られるでしょう。北陸は朝まで雨の降る所がありますが、日中は日差しが戻りそうです。東北と北海道は、昼前まで雨や雪の残る所がありますが、天気は回復するでしょう。

関東以西 昼間は上着いらずの暖かさ

画像C

最高気温は、昨日30日(土)と同じくらいか低い所が多いでしょう。暖かい空気が流れ込むため、雨でも気温は高くなりそうです。

沖縄は最高気温が25℃以上の夏日の所が多く、ムシムシと感じられるかもしれません。九州から東海にかけては20℃前後の所が多く、九州南部や四国は25℃近くまで上がる所がありそうです。昼間は長袖シャツ一枚でちょど良いくらいでしょう。

関東は25℃前後まで上がり、汗ばむくらいの陽気。東京都心は27℃と、今年初めての夏日になるでしょう。まだ体が暑さに慣れていない時期です。無理をせず、こまめに水分をとるよう心がけてください。

北陸や東北、北海道は、昨日30日(土)と同じくらいの所が多く、平年並みか高いでしょう。仙台は18℃と、ひと月ほど先の陽気になりそうです。朝晩は冷えますので、服装でうまく調節をしてください。

服装指数は、朝晩や日中の予想気温からどのような服装が適しているか提案するものです。寒さや暑さの感じ方は個人差がありますが、服装選びの参考にしてください。