メイン画像

今日27日は、久しぶりに全国的に晴れて、日差しが暖かく感じられます。福岡と松山から桜開花の便りが届き、午後も開花ラッシュに。明日28日~29日は再び春の嵐となりますが、週末は広くお花見日和。ただ、雨上がりの花粉の大量飛散に加えて、黄砂も飛来する見込み。

来週にかけて関東など花粉が大量飛散

画像A

今週は雨や曇りの天気が続きましたが、今日27日(水)は久しぶりに全国的に晴れています。午前10時30分までに福岡と松山で桜の開花発表がありました。午後も続々と桜開花の便りが届きそうです。

明日28日(木)から29日(金)にかけては、九州から東北は再び雨や風が強まり、春の嵐となるでしょう。その後、30日(土)、31日(日)は広く晴れる見込みです。お花見やお出かけにも良さそうですが、東海や関東、東北を中心に花粉が大量飛散するでしょう。ヒノキ花粉がピークに入っていますので、ヒノキにも反応が出る方はしっかりと花粉の対策を続けてください。

29日~30日 花粉に加えて黄砂が飛来

画像B

29日(金)の雨の後は、西から黄砂が飛来するでしょう。
29日(金)朝には九州から近畿、北陸まで黄砂が飛来する予想が出ていて、日中は東北や北海道にまで黄砂が飛来する見込みです。
30日(土)は、関東など太平洋側にも飛来する可能性があります。

西日本の一部には、やや濃度の高い黄砂が飛来する可能性もあります。洗濯物に色がついたり、車が汚れたりすることも考えられますのでご注意ください。アレルギー症状のある方は、顔のサイズにあったマスクをするなど、十分お気をつけください。

黄砂の健康への影響を予防するには

画像C

黄砂の健康への影響を予防するには以下の3つのポイントがあります。

① 日頃から最新の情報をチェックし、黄砂の飛来予測を把握しましょう。
② 黄砂が飛来している時は、不要不急の外出を控えることで黄砂を吸い込んでしまう量を減らすことが期待できます。特に、高濃度の黄砂が飛来しているときには、屋外での長時間の激しい運動は避けるとよいでしょう。 呼吸器や循環器に疾患のある方、小児、高齢者の方などは、体調に応じて、より慎重に行動することが大切です。洗濯物や布団は、できるだけ室内に干しましょう。
③ 黄砂が飛来している時は、マスク(不織布マスク等)を着用することで、ある程度の予防効果が期待できます。マスクを着用する場合には顔の大きさに合ったものを選び、空気が漏れないようにしましょう。