メイン画像

中国地方は、今週は木曜日まで日本海側を中心に雨や雪が降り、荒れた天気となるでしょう。真冬並みの寒さとなる日もある見込みです。寒暖差で体調を崩さないよう、お気をつけください。また、20日(水)の明け方は、黄砂飛来の可能性があります。花粉症の方はアレルギー症状が悪化する恐れがあるため、要注意です。

明日19日(火)は日本海側を中心に雨や雷雨

画像A

明日19日(火)は、上空に寒気を伴なう低気圧が日本海を進む見込みです。中国地方は、昼前から日本海側を中心に大気の状態が不安定になるでしょう。雲が広がりやすく、日本海側を中心に昼前から雨の降る所があり、雷を伴う所がある見込みです。西寄りの風が強まり、山陽南部でもにわか雨の所があるでしょう。天気の急変にご注意ください。

20日(水)~21日(木)は雨や雪 真冬並みの寒さになる所も

画像B

20日(水)~21日(木)は、中国地方の上空1500m付近に平地で雪を降らせるレベルの寒気が流れ込むでしょう。更に上空5500m付近にもマイナス30℃くらいの強い寒気が流れ込むため、大気の状態が不安定になる見込みです。
山陰や山陽北部を中心に断続的に雨や雪が降り、雷を伴う所があるでしょう。山地は雪が積もる見込みです。冷たい北寄りの風が強まり、厳しい寒さとなるでしょう。
山地では雪崩に注意、警戒が必要です。また、路面の凍結や積雪、見通しの悪化に伴う交通障害にも注意してください。

20日(水)明け方に黄砂飛来の可能性

画像C

20日(水)は寒気とともに、黄砂が飛来する可能性があります。予想図では黄砂の飛来は明け方になりそうですが、日中は黄砂や花粉など、地面に落ちたものが舞い上がる可能性があります。アレルギー症状の悪化や、呼吸器や循環器に係る疾患の症状の悪化が懸念されます。外出時はマスクを着用するなど、身体に取り込まないようにするなど、対策を行ってください。