メイン画像

明日19日(火)は、低気圧や湿った空気などの影響で、あちらこちらに雨雲や雪雲がかかる見込みです。お出かけの際に晴れていても、天気の急変にお気を付けください。特に山陰から北陸では雷雲が発達しやすく、落雷や突風に注意が必要です。

上空に寒気 大気の状態不安定に

画像A

明日19日(火)は、西高東低の気圧配置が緩みます。ただ、低気圧が南西諸島から九州へ近づくでしょう。また、別の低気圧(上空に強い寒気を伴う)が日本海を進み、この低気圧に向かうように、雨雲の元となる湿った空気が流れ込みます。

沖縄と九州南部は昼前から昼過ぎに広く雨が降るでしょう。九州北部や中国、四国、近畿にかけては晴れ間も出ますが、天気が変わりやすく、昼頃からはあちらこちらで雨が降る見込みです。北陸は午後3時頃から次第に雨の範囲が広がり、山沿いは雪に。東海と関東甲信も夕方以降はにわか雨の可能性があり、山沿いの一部は雪が降りそうです。東北も夕方から南部を中心に雪が降るでしょう。北海道は、午前も午後も所々で雪が降りそうです。

日本海を進む低気圧の周辺では、大気の状態が不安定(雷雲が発達しやすい)になります。上の図は、雷が発生する確率を示したもので、特に「山陰から北陸」で高くなっていることがわかります。昼頃から夜にかけて、落雷や突風、急に強まる雨(山沿いでは雪)に注意が必要です。冷たい風が強まってくる、ゴロゴロという雷鳴がきこえてくる、といった、雷雲接近のサインに気を配ってください。

強風収まるが 空気ヒンヤリ

画像B

最高気温は、今日(18日)とあまり変わらず、平年より低めの所がほとんど。東京都心と名古屋、大阪で12℃、広島で13℃など、関東以西も15℃に届かない所が多いでしょう。
全国的な強い風は収まってきますが、空気はヒンヤリしたままとなりそうです。
気温の低い状態は23日(土)頃にかけても続くでしょう。まだしばらくは、冬物の上着が活躍しそうです。