メイン画像

18日(月)は、広範囲で17日(日)より大幅に気温が下がり、強い北風も相まって寒くなっています。明日19日(火)はいったん寒さのやわらぐ所が多いですが、20日(水)ごろからは一段と寒くなるでしょう。この先も日々の寒暖差が大きいため、体調管理に十分ご注意ください。

全国約半数の地点で前日14時より5℃以上低い

今日18日の昼間の気温は、ほとんどの地点で昨日17日を下回り、全国約半数の地点で5℃以上も低くなりました。

14時現在の気温は、東京都心で12.9℃(昨日より7.5℃低い)、仙台市で4.9℃(昨日より12.2℃低い)、石川県輪島市で6.0℃(昨日より7.4℃低い)、兵庫県豊岡市で8.1℃(昨日より8.6℃低い)などとなっています。
※()内は昨日14時の気温

20日(水)春分の日からまた寒い 気温はめまぐるしく変化

画像B

19日(火)は寒気の流れ込みが弱まりますが、20日(水)春分の日から21日(木)頃は、今回よりも一段と強い寒気が流れ込む見込みです。寒気はそれほど長続きしないものの、21日(木)の日中の気温は10℃に届かない所が多く、再び北風が強まり、かなり寒くなるでしょう。日々の気温の変化が目まぐるしく、体調管理に十分注意が必要です。(赤枠は平年より高く、青枠は平年より低い日を表しています)

22日(金)以降は、西から次第に寒さが解消し、平年より高い日も出てくる見込みです。