メイン画像

今日18日も九州から関東は広範囲でスギ花粉の飛散に注意が必要です。風が強いため花粉が舞い上がって飛びやすくなることもあります。万全の対策をしてお出かけください。

風で舞い上がることも

今日18日は、九州から関東まで広い範囲でスギ花粉が飛ぶでしょう。風が強まるため、地上に落ちている花粉が舞い上がって飛びやすくなることもあります。九州などはスギ花粉に加えて、ヒノキ花粉も飛んでいる所があります。花粉症の方は万全の対策をしてお出かけください。

明日19日以降の花粉の飛散は?

画像B

明日19日から24日にかけて、関東や東海を中心にスギ花粉の飛散が「非常に多い」や「多い」見込みです。引き続き万全の対策が必要です。一方、近畿から九州はスギ花粉の飛散はピークを過ぎているため、関東や東海ほどではありませんが、まだ油断はできないでしょう。九州はヒノキ花粉対策も必要になりそうです。

外出時にオススメの花粉対策

画像C

花粉症の症状を緩和させるには、できるだけ花粉を避けることが大切です。以下のように、服装を工夫することで、花粉を防ぐ効果が期待できます。

① 洋服は、素材によって、花粉が付着しやすいものと、付着しにくいものがあります。一般的にウール製の衣類などは、木綿や化繊に比べて花粉が付着しやすく、花粉を屋内に持ち込みやすくなります。ウールの花粉のつきやすさは、綿に比べるとおよそ10倍にもなります。外出の際は、外側にウール素材の衣服を着ることは避けて、表面がツルツルした素材の上着を選ぶようにしましょう。

② 花粉が付着しやすいのは、洋服だけでありません。露出している頭や顔は、つばの広い帽子をかぶると、花粉が付着する量を少なくすることができます。髪の長い方は、まとめるだけでも、効果的です。また、手袋をすると、手に付着する花粉を減らすことができます。