アリス・ラッセル、キャリア史上最もパーソナルな作品から新曲「Gravity」を公開

 ジャイルス・ピーターソンが、“UKが生んだ最高の歌手の一人”と称賛するイギリス屈指のソウル・シンガー、アリス・ラッセルが、2024年4月5日発売の最新アルバム『I Am』より、新曲「Gravity」を公開した。

 2013年の前作『To Dust』以来となる新作『I Am』は、キャリア史上最もパーソナルな作品であり、私たちが自分自身を癒すためにどのように取り組むべきか、それによって世界とより真摯に、より深くつながることができるかを伝えている。

 長年のコラボレーターであるTMジュークと共に作曲・プロデュースされた『I Am』は、ブリティッシュ・ソウルの象徴的なシンガーによる10年以上ぶりの新作であり、輝かしいキャリアにおける新時代を示すものである。アリスはジャイルス・ピーターソンの音楽フェスティバル【We Out Here】のメイン・ステージを彩り、ナイル・ロジャースのサポートを務め、フランスではアレサ・フランクリンのトリビュート・コンサートに参加するなど昨年本格的にステージ活動を復活させた。

 アルバム・タイトルは、タイトル曲でありテーマソングでもある「I Am」に由来しており、アリスが長い期間感じていながら、完全には理解できてなかったことを表現している。世代間のトラウマ、癒し、そして人生のダークサイドというテーマを扱った本作は、解放の道標となり、私たちが皆、愛に溢れる理解者であることを示している。

 『I Am』国内流通仕様盤CDには解説書が封入され、LPは通常盤(ブラック・ヴァイナル)に加え、限定盤(マーブル・ヴァイナル)の2形態で発売される。


◎リリース情報
アルバム『I Am』
2024/4/5 RELEASE