メイン画像

明日14日は北風がおさまり、昼間は日差しにほっとできる所が多いでしょう。この先1週間、高気圧と低気圧が交互に進み、天気も気温も周期変化。週末は春本番の暖かさとなり、来週は桜開花ラッシュか。衣替えを進めたくなりますが、来週中頃は寒の戻りに注意が必要です。

春らしく高気圧と低気圧が交互に

画像A

本格的な春が近づくにつれて、日本付近を周期的に高気圧と低気圧が交互に通過するようになってきました。この先1週間、天気も気温も目まぐるしく変化する見込みです。

明日14日(木)は、気圧の谷が通過する東北や北陸では、雨や雪が降り、雷を伴う所もありそうです。急な強い雨や落雷、竜巻などの突風にご注意ください。
そのほか、明日14日(木)から16日(土)にかけて高気圧に覆われて、晴れる所がほとんどでしょう。関東から西は日に日に気温が上がり、週末は東京都心など20℃近くまで上がる見込みです。

17日(日)は北海道付近と太平洋沿岸を低気圧や前線が通過するでしょう。北日本や西日本ほど天気が崩れ、風も強まりそうです。この雨や雪をきっかけに来週は気温が下がりそうです。特に20日(水)「春分の日」は冬型の気圧配置となり、晴れる所も北風が冷たく、冬の寒さが戻りそうです。

週末にかけて春本番へ 週明けは気温降下

画像B

東京都心の予想気温を見ると、明日14日(木)から17日(日)にかけては、気温が上昇傾向です。土日ともに最高気温は20度近くまで上がり、4月上旬から中旬並みとなるでしょう。昼間は上着が邪魔なくらいの暖かさとなりそうです。

このタイミングで衣替えを進めたくなりますが、週明けはまた気温が下がる見込みです。19日(火)は15℃を下回り、20日(水)は10℃くらいにとどまり、冬の寒さが戻ってきます。冬物のコートは、まだ少なからず出番がありそうです。春物にチェンジしていきたい所ですが、少しは冬物のセーターやコートを使いやすい場所に残しておきましょう。

来週は桜開花ラッシュか 全国的に平年より早い開花・満開に

画像C

今日13日(水)、日本気象協会は「2024年桜開花予想(第4回)」を発表しました。
来週は20日(水)「春分の日」前後に寒気の影響を受けますが、それも一時的で、その先も気温は平年より高く推移する見込みです。

このため、桜の開花、満開ともに全国的に平年より早い予想となっています。
20日(水)に名古屋、高知、福岡がトップを切って開花となり、21日(木)は、東京や京都、広島で開花する見込みです。3月末までには、九州から北陸にかけての広い範囲で桜が開花するでしょう。
来週にも咲きたての桜を楽しめる季節が迫ってきました。お花見の際は、急な寒さにも調節しやすい服装を心がけてください。桜の満開日は、東京が3月28日(木)、名古屋、高知が29日(金)の予想です。