メイン画像

今週末にかけては季節先取りの暖かさになるでしょう。東京都心では16日(土)と17日(日)の最高気温は20℃と4月中旬並みの予想です。一転して、来週は寒気が流れ込み、低温傾向に。冬のような寒さとなるでしょう。寒暖差が大きくなりますので、体調管理にご注意ください。

今週末にかけて季節先取りの暖かさ

画像A

17日(日)にかけては季節先取りの暖気が流れ込み、気温が上昇。最高気温は東北から九州、沖縄にかけて平年より高くなるでしょう。東京都心では16日(土)と17日(日)は20℃と4月中旬並みになりそうです。16日(土)は名古屋市や福岡市でも20℃以上と、季節先取りの暖かさとなるでしょう。日中は上着がいらないくらいとなりそうです。

天気は、ゆっくり下り坂に向かいます。前線が次第に延びるため、16日(土)の夜は九州で、17日(日)は中国、四国から関東でも次第に雨が降るでしょう。気温が高いので平地で降るものは雪ではなく、雨となりそうです。

ただ、暖かさは続きません。

一転、来週は低温傾向に

画像B

一転して、18日(月)からは冬型の気圧配置になるでしょう。上空1500メートル付近に平地に雪を降らせる目安のマイナス6℃以下の寒気が西日本まで流れ込む予想です。北海道や本州の日本海側は断続的に雪や雨が降るでしょう。

最高気温は平年より低い所が多くなりそうです。20日(水)春分の日は東京都心や名古屋市は10℃と冬の寒さに逆戻りするでしょう。気象庁も19日(火)頃から平均気温がかなり低くなる可能性があるとして、東北から九州、沖縄にかけて「低温に関する早期天候情報」を発表しています。

この先、寒暖差がかなり大きくなりますので、体調管理にご注意ください。