メイン画像

今日13日(水)は天気が回復して、日中は広い範囲で晴れるでしょう。ただ、北または西よりの風が強く吹き、日差しがあっても風が冷たい一日となりそうです。北陸は昼頃まで雪や雨の降る所があり、東北や北海道も日本海側を中心に所々で雪や雨が降るでしょう。

低気圧が急発達 強い風が吹き荒れる

画像A

今日13日(水)は、日本の東で低気圧が急速に発達します。日本付近は西高東低の気圧配置で、全国的に北または西寄りの風が強く吹くでしょう。

沖縄は各地で日差しが届く見込みです。
九州や中国、四国も、日中はおおむね晴れるでしょう。
近畿は、午前中は雲が広がりやすいですが、午後は次第に晴れる見込みです。
東海や関東甲信は、日中は広い範囲で晴れるでしょう。強い風は夕方にかけて続きそうです。なお、山地では雪の降る所があり、長野県では北部を中心に昼前にかけて大雪や路面の凍結による交通障害に注意してください。
北陸は昼ごろまで雪や雨の降る所がありますが、西から次第に晴れ間が広がるでしょう。
東北は、日本海側では雪が降ったりやんだりで、ふぶく所がありそうです。太平洋側は日差しが届くでしょう。ピークは過ぎるものの、引き続き強い風にご注意ください。
北海道は晴れ間が広がりますが、朝晩を中心に所々で雪が降るでしょう。夜にかけて強風や高波に注意が必要です。

風が冷たい一日 風を防げる上着を

画像B

最高気温は、沖縄や九州から近畿では昨日と同じくらいで、この時期らしい気温の所が多いでしょう。日差しが心地よいですが、日陰では風がヒンヤリと感じられるかもしれません。
東海や関東甲信はきのうより3℃前後高くなるでしょう。ただ、日差しがあっても冷たい風が吹きつけ、体感温度はグッと下がります。ダウンコートなど風をしのげる素材の上着がよさそうです。
北陸や東北、北海道は昨日より低くなる所が多く、冬の寒さが戻ります。また、強い風が寒さに拍車をかけそうです。体を冷やさないよう、暖かい服装でお過ごしください。