メイン画像

関東甲信地方や東北太平洋側では、13日(水)朝にかけて海上を中心に非常に強い風が吹き、関東甲信地方では13日(水)昼過ぎにかけてうねりを伴い大しけとなる所があるでしょう。暴風や高波に警戒してください。また、関東は今夜(12日)夜のはじめ頃まで激しい雨が降る恐れがあります。その後は寒気の影響で大気の状態が不安定。13日(水)朝にかけて局地的な雨や雷雨に注意が必要です。

低気圧が急速に発達

画像A

今日12日は、発達する南岸低気圧の影響で、西日本は午前中心、東海や関東など東日本は午後に局地的に激しい雨が降りました。1時間雨量の日最大値は、三重県尾鷲市47.0ミリ、高知県室戸市の佐喜浜40.0ミリ、三重県南伊勢町38.0ミリ(3月1位の値を更新)、愛知県田原市31.5ミリ(3月1位の値を更新)など、所々で激しい雨が降りました。

活発な雨雲は夕方から関東にかかりはじめ、帰宅時間帯と荒天ピークが重なっています。関東では、午後9時頃にかけて、局地的な激しい雨、沿岸部中心に台風並みの暴風に警戒が必要です。

前線を伴った低気圧は急速に発達しながら、12日夜のはじめ頃にかけて本州の南岸沿いを東北東へ進んだ後、13日にかけて日本の東を北東へ進む見込みです。

低気圧は12日正午は1000hPaですが、13日9時(予想)は968hPaと、21時間で32hPaも低下する予想で、台風並みの暴風が吹き荒れる見込みです。

※12日17時30分現在、茨城県と千葉県に暴風警報が発表されています(両県とも全域ではない)
・茨城県内に3月に暴風警報が発表されたのは、2019年以来5年ぶり
・千葉県内に3月に暴風警報が発表されたのは、2020年以来4年ぶり

台風並みの暴風に警戒 最大瞬間風速30~40メートル

画像B

関東甲信地方や東北太平洋側では、13日朝にかけて海上を中心に非常に強い風が吹き、関東甲信地方では、13日昼過ぎにかけてうねりを伴い大しけとなる所があるでしょう。

<暴風・高波>
関東甲信地方や東北太平洋側では、海上を中心に非常に強い風が吹き、関東甲信地方では、うねりを伴い大しけとなる所があるでしょう。

12日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
東北地方       23メートル(35メートル)
関東甲信地方     26メートル(40メートル)

13日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
東北地方       23メートル(35メートル)
関東甲信地方     20メートル(30メートル)

13日にかけて予想される波の高さは、
関東甲信地方      6メートル
の見込みです。

関東甲信地方や東北太平洋側の海上では13日朝にかけて暴風に、関東甲信地方では13日昼過ぎにかけて高波に警戒してください。

大雨に注意・警戒

画像C

東日本太平洋側では前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、12日夜のはじめ頃にかけて雷を伴った激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。また、西日本では13日未明にかけて、東日本では13日昼前にかけて、大気の状態が非常に不安定となる所がある見込みです。

13日18時までの24時間に予想される雨量は、多い所で
関東甲信地方      70ミリ
の見込みです。

土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒し、落雷や竜巻などの激しい突風、降ひょうに注意してください。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

東北~北陸 関東甲信の山沿い 湿った雪に注意

画像D

南岸低気圧が通過すると後面の寒気移流が強まります。長野県北部や新潟県上越中越の標高の高い地域では、雪に変わってきています。東北~北陸、関東甲信の山沿いでは、13日朝にかけて、湿った雪が降るでしょう。峠を越える車は冬装備を万全に行いましょう。雪崩にも注意が必要です。

明日13日の日中は、九州~関東では天気が回復。晴れ間が広がりますが、北風が強く吹くでしょう。最高気温は東京都心と大阪は13℃、福岡は15℃まで上がりますが、太陽よりも北風に軍配となりそうです。