ローレン・オルレッド×植松伸夫率いるconTIKI、『FF VII リバース』テーマソング披露 <THE FIRST TAKE>

 ローレン・オルレッド×植松伸夫 conTIKIの一発撮りパフォーマンス映像『Loren Allred × 植松伸夫 conTIKI - No Promises to Keep / THE FIRST TAKE』が、2024年3月11日22時にYouTubeプレミア公開される。

 一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取り、アーティストの緊張感をよりリアルに伝えるプログラム『THE FIRST TAKE』。第416回は、ミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』の劇中歌「Never Enough」が話題となったローレン・オルレッドと、植松伸夫と彼が率いるバンドconTIKIが初登場し、『ファイナルファンタジーVII リバース』のテーマソングであり、登場人物エアリスがゲーム内で歌唱するラブバラード「No Promises to Keep」を披露する。

 4月3日にリリースされる本楽曲は、植松伸夫が作曲、ゲーム本編のストーリーとシナリオに携わる野島一成が作詞し、ゲーム内のエアリスの歌唱シーンはローレン・オルレッドが担当。なお、『THE FIRST TAKE』でゲーム音楽が披露されるのは初となる。


◎ローレン・オルレッド コメント 
植松さんとこうしてパフォーマンスできる日をずっと待ち続けていたので、ご一緒できたことにワクワクしましたし、「THE FIRST TAKE」でのパフォーマンスは忘れられない体験になりました。
「No Promises to Keep」を歌っているときは、エアリスの性格をしっかりと反映させたいと思いました。
自由気ままでありながらも、とても思いやりのある彼女の繊細な部分を歌で表現しているので、ぜひ見ていただけたら嬉しいです。

◎植松伸夫 コメント 
「No Promises to Keep」という曲は27年前に発売された『ファイナルファンタジーVII』というゲームが元になって作られています。
ゲームに登場するキャラクター・エアリスのテーマ曲に歌をつけたいなとずっと思っていたので、今回実現してとても嬉しいです。
「THE FIRST TAKE」ではオーケストラ・バージョンとは違った小規模編成に加えて、オートハープのようなポピュラー音楽ではあまり使われない珍しい楽器が入ったアレンジになっています。
この曲が世界中のラブソングのスタンダードになるといいなと思いますし、ローレンさんの素晴らしい歌声と共に世界中に羽ばたいていって欲しいです。


◎映像情報
YouTube『Loren Allred × 植松伸夫 conTIKI - No Promises to Keep / THE FIRST TAKE』
2024年3月11日(月)22:00~プレミア公開
https://youtu.be/d-YNvxcLC-A