メイン画像

10日は九州から東北にかけて広く晴れるものの、週明けは再び天気が下り坂。12日から13日は広く雨が降るでしょう。3月後半になると、最高気温は平年を上回る日が多くなり、ゴールデンウイーク頃の暖かさになる日もありそうです。桜のつぼみも順調に膨らみ、開花が間近となりそうです。

9日~15日の天気

明日9日は北陸や東北、北海道で雪が降るでしょう。大気の状態が非常に不安定となり、局地的に降雪が強まる所がありそうです。大雪による交通障害、着雪やなだれに注意が必要です。また落雷や突風、降ひょう、局地的に竜巻などの激しい突風にもご注意ください。10日は天気が回復して、九州から東北の広い範囲で晴れる見込みです。ただ、晴れの天気は長くは続かないでしょう。

11日になると、低気圧が東シナ海に発⽣し、12⽇にかけて、低気圧が⻄日本や東⽇本付近を進む見込みです。11日ははじめ晴れる所が多いものの、次第に天気は下り坂となるでしょう。九州は雨が降りだし、その他の地域も次第に雲が広がる見込みです。12日は全国的に雨や曇りとなるでしょう。13日には天気が回復するでしょう。14日と15日は晴れる所が多い見込みです。

最高気温は平年並みの所が多いですが、15日は平年を上回り、九州から東北までぽかぽか陽気になりそうです。北海道は朝晩は氷点下まで冷え込む日がまだまだ続きそうです。

16日~21日の天気

画像B

3月後半は、5月のゴールデンウイーク頃の暖かさになるでしょう。ただ、翌日17日は九州から東北にかけての広い範囲で雨が降り、東京の最高気温は14℃と、一気に寒く感じられそうです。急激な気温の変化に注意が必要です。

19日は九州から関東は日差しが戻り、ぽかぽか陽気になるでしょう。その後も春本番の暖かさが続きそうです。

桜の開花予想

画像C

3月後半になると、一気に暖かい日が増えて桜の開花が待ち遠しくなりそうです。3月6日に日本気象協会が発表したソメイヨシノの桜の開花予想によると、桜の開花のトップを切るのは、東京と高知で3月19日、次いで20日に福岡、21日に名古屋で桜が開花する予想です。

16日の季節先取りの暖かさと、17日と18日の雨で開花が進み、その後は続々とあちらこちらで桜が開花しそうです。そろそろお花見の計画を立てておくのも良さそうです。