メイン画像

明日8日は関東の平野部でも雪がまじり、うっすら積もる可能性も。この先も高気圧と低気圧が交互にやってきて、天気は短い周期で変化しそうです。3月後半には暖かな陽気の日も増えて、桜の開花も間近となるでしょう。

8日の天気

画像A

明日8日は、前線を伴った低気圧が関東沖を東へ進むでしょう。東海や関東甲信、東北南部を中心に雨や雪が降る見込みです。別の低気圧が日本海から近づくため、山陰や北陸も雨や雪が降るでしょう。特に関東甲信の山沿いや東北を中心に雪の降る量が多くなりそうです。関東の平地でも雪のまじる所があるでしょう。気温が予想より低くなった場合は、雪の降る量が増えて、東京都心など関東南部の平地でも積雪となる所がありそうです。明日の通勤、通学の際は路面状況や交通機関への影響にご注意ください。

9日~14日の天気

画像B

9日は西高東低の気圧配置で、山陰から北陸、東北の日本海側で雪が降るでしょう。荒れた天気やしけとなる所があり、降雪が強まる可能性もありますので、注意が必要です。10日は広く高気圧に覆われて全国的に晴れる見込みです。

11日は再び西から低気圧や前線が近づくでしょう。はじめ晴れる所が多いですが、次第に雲が広がり、九州で雨が降りだす見込みです。12日から13日は低気圧や前線の影響で曇りや雨の所が多くなりそうです。雨や風が強まる所もあるでしょう。14日は全国的に晴れて、九州から関東は、ぽかぽか陽気になりそうです。

15日~20日の天気

画像C

3月後半も短い周期で天気が変わるでしょう。15日から16日にかけて、九州から東北の広い範囲で晴れる見込みです。ただ、16日は九州で雨が降りだし、17日は九州から東北で曇りや雨、北海道は雪が降るでしょう。18日にかけても雨の降る所が多くなりそうです。19日には九州から関東は晴れますが、北陸や東北、北海道は雨や雪となりそうです。20日は再び九州から東海で雨が降るでしょう。

この一週間は、最高気温が平年並みか高く、九州から関東では最高気温が20℃くらいまで上がる日もあるでしょう。日ごとに桜のつぼみも膨らんできそうです。日本気象協会が6日に発表した桜の開花予想によると、開花のトップは、高知と東京で19日の予想です。周期的に降る雨が、桜の開花を促してくれそうです。