メイン画像

この先も天気は短い周期で変化する見込みです。8日(金)から9日(土)頃は、東北や北陸を中心に荒れた天気となり、関東でも明け方に雪やみぞれになる所があるでしょう。東海から西はおおむね晴れますが、花粉が大量に飛散する予想です。日中の気温は暖かくなったり寒くなったりを繰り返します。体調管理にご注意ください。

明日6日(水) 昼頃まで広く雨や雪 関東甲信の山沿いでは大雪のおそれ

画像A

今日5日(火)は西から近づく低気圧や前線の影響で、西日本や東日本を中心に雨が降りました。このあとは北日本にも雨や雪の範囲が広がり、明日6日(水)にかけて全国的に雨や雪が続きそうです。北よりの風が強めに吹くため、ふぶきで見通しが悪くなったり、横殴りの雨になったりすることもあります。関東甲信では山沿いを中心に大雪となる所があるでしょう。積雪や路面の凍結に警戒してください。
明日6日(水)の雨や雪は昼頃には止む所が多く、次第に天気は回復に向かうでしょう。

最高気温は西日本は今日5日(火)と同じか高い所が多く、鹿児島では20℃近くまで気温が上がるでしょう。一方、東日本と北日本は今日5日(火)と同じか低い所がほとんどで、昼間も厳しい寒さが続きそうです。

7日(木)~8日(金) 再び南岸低気圧が通過 関東は平野部でも雪の可能性

画像B

7日(木)から8日(金)にかけて、再び本州の南岸を低気圧や前線が通過する見込みです。
低気圧の北側に降水域が広がり、8日(金)は東日本を中心に雨や雪が降るでしょう。雨が降り出す8日(金)明け方には、上空1500m付近で−3℃以下の寒気が、埼玉県付近まで南下するため、関東の平野部でも雪やみぞれになる可能性があります。朝の通勤、通学の時間帯は足元が悪くなっている所もあります。いつもより時間に余裕をもってお出かけください。8日(金)日中は雨の可能性が大きいでしょう。
そのほかの各地は雲が広がりやすくなるものの、西日本の太平洋側と北海道では日差しが届きそうです。

最高気温は平年並みか低い所が多く、東京都心では8日(金)の最高気温が6℃と震えるような寒さとなりそうです。雨や雪だけでなく、寒さ対策も万全に行いましょう。

9日(土)以降も天気は周期天気に変化 晴れる日は花粉が大量飛散

画像C

9日(土)は日本海の低気圧が発達して、東北付近を通過します。上空には寒気が流れ込むでしょう。大気の状態が不安定になり、10日(日)にかけて東北や北陸を中心に雪が降り、降り方が強まることもあります。風も強く、荒れた天気になるでしょう。海上ではしける所もありそうです。
太平洋側は広く晴れて、10日(日)は日差しのぬくもりを感じられるでしょう。

11日(月)も晴れる所が多いですが、西から前線が近づくため、九州は天気が下り坂です。12日(火)は前線を伴った低気圧が本州の南を進み、広い範囲で雨が降るでしょう。

この先も晴れたり雨が降ったりを繰り返しますが、晴れる日は花粉が大量に飛びます。スギ花粉はピークを迎えていますので、花粉症の方は万全な対策をしてお過ごしください。