メイン画像

沖縄気象台によりますと、今日5日正午すぎに、沖縄県の伊江島(いえじま)で竜巻などの激しい突風が発生したとみられます。

竜巻目撃情報

沖縄気象台によりますと、今日5日、沖縄県の伊江島(いえじま)で竜巻などの激しい突風が発生したとみられますと発表しました。12時28分ごろ、本島北部にある伊江島(いえじま)で竜巻が目撃され、建物が倒壊したとの情報もあるようです。

沖縄県では、竜巻などの激しい突風が発生するおそれが非常に高まっています。空の様子に注意が必要です。雷や急な風の変化など積乱雲が近づく兆しがある場合には、頑丈な建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。落雷、ひょう、急な強い雨にも十分お気を付けください。

竜巻が発生する前兆

画像B

竜巻が発生する前兆は、大きく3つあります。真っ黒な雲がちかづいてきた、ゴロゴロと雷の音が聞こえてきた、急に冷たい風が吹いてきたら、竜巻が発生するおそれがあります。すぐに安全な所へ避難してください。

竜巻が接近して来たら(屋外)

画像C

屋外にいる時、竜巻が接近して来たら、以下の4つのことを心がけてください。

①頑丈な建物の物陰に隠れ、頭と首を守りましょう。
②避難場所がない場合は、物陰や溝にふせて、だんごむしのポーズで、頭と首を守ってください。
③物置や車庫、プレハブの中は、建物自体が飛ばされてしまう可能性もあり、危険です。
④電柱や太い木も、倒壊することがあるため、危険です。近づかないようにしてください。

竜巻が接近して来たら(屋内)

画像D

一方、屋内にいる時、竜巻が接近して来たら、以下の3つのことを心がけてください。

①窓とカーテンを閉めて、窓からなるべく離れましょう。
②丈夫な机の下に入り、身を小さくして、頭を守る姿勢をとりましょう。
③家の一階の窓のない部屋(トイレなど)に移動するのも、身を守る方法の一つです。