メイン画像

今日1日、九州は冬型の気圧配置となり、気温が急降下するでしょう。今夜から明日2日は一時雪がちらつく所があり、真冬並みの厳しい寒さになる見込みです。農作物の管理や体調管理にお気をつけ下さい。

1日 夜にかけて気温急降下

画像A

今日から3月。季節は春に移りましたが、週末にかけて強い寒の戻りとなり、冬の寒さになる見込みです。

今日1日は西高東低の冬型の気圧配置に変わり、九州は夜にかけて寒気の流れ込みが強まってくるでしょう。九州の天気は回復し、日中は各地で日差しが戻りますが、次第に北西の季節風が強まり、夜にかけて気温が急降下する見込みです。夜は寒気の影響で、雲が増え一時雪がちらつく所があるでしょう。
このあと、午前より午後と気温が大きく下がってきます。おでかけの際は厚手のコートや風を通しにくい上着などがあった方がよいでしょう。また、沿岸海上は強風や高波に注意が必要です。

週末にかけて低温傾向

画像B

明日2日も冬型の気圧配置で、九州北部の上空1500m 付近に氷点下11度前後と非常に強い寒気が流れ込んできます。九州は昼頃にかけて一時雪がちらつく所があるでしょう。2日の最高気温は10度に届かない所があり、真冬並みの寒さになる見込みです。
明後日3日は冬型の気圧配置がゆるみ、高気圧に覆われるでしょう。このため、朝は放射冷却現象が強まり、厳しい冷え込みになる見込みです。

週末、山沿いや内陸部などでは路面の凍結や水道管の凍結のおそれがありますので、ご注意下さい。また、農作物の管理、体調管理にも気をつけましょう。

来週も天気は短い周期で変わり、寒暖の変化が大きい見込みです。