MISIA、西島秀俊主演ドラマ『黄金の刻~服部金太郎物語~』主題歌を担当

 MISIAが、テレビ朝日ドラマプレミアム『黄金の刻(とき)~服部金太郎物語~』の主題歌を担当する。

 2024年3月30日に放送される本ドラマは、国産初の腕時計を作り上げた“東洋の時計王”・服部金太郎の一代記で、現在、あたりまえとなっている“正確な時間”の重要性に気づき、時計商を目指す服部金太郎の試練の物語。主人公となる服部金太郎の壮年期を西島秀俊が、青年期を水上恒司が演じる。

 主題歌として起用されたのは、MISIAの新曲「ゆびきりげんまん」。ドラマのストーリーに寄り添う形で制作された壮大なバラードで、ジャケット写真にはSEIKOの時計塔が描かれた。3月29日に配信シングルとしてリリースされる。


◎MISIA コメント
「ゆびきりげんまん」は、未来への強い約束の気持ちです。

東洋の時計王と呼ばれた服部金太郎さんは、
“目標や夢に向かい努力する”と自分自身と約束をし、
“そんな自分を信じてくれた人たちの想いに応える”という約束を大切にし、
“一秒一秒時を刻み、正確な時間を私たちに教えてくれる”という約束を守ってくれる時計を作った方だと思います。

自分を大切にして、出会いを大切にして、人を大切にする。そうやって人生という時を刻んでいこうとする服部さんの姿は、現代にも通じる大切なメッセージだと思い歌詞を書き下ろしました。


約束は、いつだって未来に向かってするもの。


この歌が、ドラマのメッセージを伝えるお手伝いができたら幸いです。
また、未来へ歩き出す人たちの応援歌となり、新しい「ゆびきりげんまん」になったら嬉しいです。

◎西島秀俊 コメント
MISIAさんがドラマ「黄金の刻」の主題歌を担当してくださり感激しています。
情熱あるスタッフキャストと創り上げた物語の主題歌をMISIAさんという素晴らしいアーティストに
歌っていだくことで、激動の時代を乗り越えていく人々の未来への想いをより深く感じるドラマになりました。
この素敵な曲を多くの方々に聴いて頂ける事を願っています。

◎テレビ朝日ストーリー制作部ゼネラルプロデューサー服部宣之 コメント
98年にはじめてLIVEでMISIAさんの歌声を聞いてから、いつか自分が手掛けるドラマで主題歌を歌いあげて欲しい…、26年という時を経て、ようやくその夢が実現しました。(私事で恐縮ですが、その時買ったカセットテープは今も大切に机の上に飾っております)テレビ朝日ドラマプレミアム「黄金の刻 服部金太郎物語」は、東洋の時計王と呼ばれた服部金太郎の波乱万丈の生涯を描く物語です。国産初の腕時計を作り上げ、度重なる困難を乗り越え、日本が誇る職人、経営者となった金太郎。その生涯を飾る主題歌は、日本が世界に誇るアーティストであり、時を超え、愛され続ける存在であるMISIAさんしか思い浮かびませんでした。
このドラマのために書き下ろして下さった「ゆびきりげんまん」は、「人生の出会いにはすべて意味がある」と考え、人と人との“つながり”や人が持つ“個性”を大事にした金太郎の生き方を優しく温かく応援してくださっているようで、今からこの主題歌をドラマと共に皆さまへお届けする日が楽しみでなりません。優しくそっと背中を押してくれる春風のような主題歌です。

◎リリース情報
シングル「ゆびきりげんまん」
2024/3/29 DIGITAL RELEASE

◎番組情報
テレビ朝日ドラマプレミアム『黄金の刻(とき)~服部金太郎物語~』
2024年3月30日(土)21:00放送


※記事初出時、原稿内に誤りがございました。訂正してお詫びいたします。